[中部] 静岡県山梨県長野県
岐阜県愛知県三重県

ぶらり、出掛けたい!長野の美術館

長野県の美術館一覧です。安曇野の絵本美術館、小布施の北斎、東山魁夷など長野ならではの美術館・博物館も。美術館巡りにお役立てください。

    北信濃エリア(長野市、須坂、小布施)

  • 長野県立美術館(長野県・長野市)

    長野県信濃美術館が施設の老朽化等のため全面改築され、2021年4月10日に長野県立美術館と改称しリニューアルオープン。建築家・宮崎浩の設計で周辺の景色や隣接する善光寺と調和する「ランドスケープ・ミュージアム」。郷土にゆかりのある芸術家たちの作品と、美しい信州の自然を描いた風景を中心に 収集・公開。また2019年に「信濃デッサン館」より夭折した画家で長野県にもゆかりの深い作家の作品330点を取得した。

  • 長野県立美術館 東山魁夷館(長野県・長野市)

    長野県が日本画家・東山魁夷から作品と関係図書の寄贈を受け、 長野県信濃美術館(現 長野県立美術館)に併設して開館。東山魁夷と親交のあった建築家 谷口吉郎の息子で建築家 谷口吉生が設計を担当した。年に数回テーマを設けて展示替えを行い、 「風景は心の鏡である」という東山芸術を多角的に紹介する。2019年10月リニューアルオープン。

    【掲載カテゴリー】有名建築家が設計した美術館日本の名品に出会える美術館(東山魁夷)

  • 驥山館(長野県・長野市)

    展示室には、五歳時の傑作「大丈夫」から晩年迄の川村驥山の作品が展示されている。 芸術院賞受賞作「楷書酔古堂剣掃語」や、晩年の「八十叟自寿・平常心是道・金屏風六曲一双」など、 驥山の人生と書の世界を鑑賞することができる。

    【掲載カテゴリー】「書」を展示する美術館

  • 水野美術館(長野県・長野市)

    横山大観の初期の代表作「無我」をはじめ、岡倉天心の流れをくむ橋本雅邦、菱田春草、下村観山など 近代日本画を系統立てて集めた作品や長野県内画家の作品など約400点余の収蔵品をもつ。 館内には四季折々の表情を映す本格日本庭園も。

    【掲載カテゴリー】庭園と散策が楽しめる美術館

  • 信州新町美術館(長野県・長野市)

    近代水彩画壇の大家、赤城泰舒の作品、横井弘三の信州新町滞在作品、 小泉癸巳男の東京百景、富士・日光連作全作品と版木、丸山良策コレクション、栗原信コレクション、 山本蘭村遺作200点余を収蔵。 常設展示と特別展や企画展も開催している。

  • 豪商の館田中本家博物館(長野県・須坂市)

    江戸中期から続く北信濃の豪商田中本家。江戸時代の土蔵を展示館として改装。 宴会再現の場、土蔵内部の場、陶磁器、漆器、書画、おもちゃ、衣裳など田中本家代々の生活文化を常設展示。 殿様のお忍びの門や四季を楽しめる日本庭園も美しい。

    【掲載カテゴリー】歴史ある旧家と美術館

  • 北斎館(長野県・上高井郡小布施町)

    江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の掛軸、額装、屏風、画帖などの肉筆画を中心に、 天井絵をはめこんだ2基の祭屋台を収蔵展示。 またマルチスライドで 「画狂-北斎と肉筆画」(上映時間18分)と「小布施の北斎」(同14分)の2本を交互に上映。

    【掲載カテゴリー】浮世絵がテーマの美術館

    その他のエリア

  • 山ノ内町立志賀高原ロマン美術館(長野県・下高井郡山ノ内町)

    山ノ内町立志賀高原ロマン美術館
    (長野県・下高井郡山ノ内町)

    美術館の設計は黒川紀章。ガラス作家・吉本由美子の「ガラスの天使」、 横山尚人の「グラスデコール」、ローマ帝国時代のガラス・ローマングラス、 郷土出身の南画家・児玉果亭の作品などを常設展示。特別展も開催している。

    【掲載カテゴリー】有名建築家が設計した美術館ガラス工芸作品を展示する美術館

  • 美ヶ原高原美術館(長野県・上田市)

    美ヶ原高原の一角にあり自然と芸術との調和をテーマにした美術館。 約15年間ロダンの助手(彫刻の下彫り工)を務めたブールデル、セザール、井上武吉など 国内外の彫刻家の作品を屋外、屋内に展示。

    【掲載カテゴリー】彫刻や造形作品を展示する美術館

  • ミュー自然美術館(長野県・下伊那郡阿智村)

    有名無名を問わず、自然への愛や畏敬に基づいて制作された作品を展示。 “素朴・温もり”の美術館をめざしている。石彫、木彫工芸、人形、木工家具、陶芸品等の作品を常設展示。 年間数回の企画展示を実施している。

  • 飯田市美術博物館(長野県・飯田市)

    飯田出身の日本画家・菱田春草をはじめ、江戸時代に南画家として活躍した佐竹蓬平、鈴木芙蓉、 また旧飯田町商家が収集した井村コレクション、岩崎新太郎コレクションなど、 飯田の町で愛された日本画の館蔵品を中心に平常展示している。

  • 秀水美人画美術館(長野県・飯田市)

    伊東深水に師事した、美人画を描く日本画家・浅井秀水の絵を展示公開する美術館。 日展等での受賞作品をはじめ、近年の新作までの百数十点に及ぶ作品を所蔵。 秀水独特の日本女性の世界が表現された作品を常設展示している(年数回の展示替え)

    【掲載カテゴリー】女流作家の作品がある美術館

  • 飯山市美術館(長野県・飯山市)

    日本美術院の長谷川青澄の院展出品作品をはじめ、郷土出身及びゆかりの作家の絵画や彫刻などを常設展示。 2階は伝統産業会館として飯山市の伝統産業である「飯山仏壇」「内山紙」をはじめ、 木曽漆器、南木曾ろくろ細工などを紹介している。

  • 信州高遠美術館(長野県・伊那市)

    収蔵作品は高遠出身の画家であり画商であった原田政雄が収集したコレクション、 中村不折、池上秀畝、江崎孝坪などの郷土画家及び中村琢二、平山郁夫など 高遠ゆかりの画家の作品で構成され常設展で紹介している。年数回企画展、特別展を開催。

美術館集結!長野県のアートエリア

◇ 安曇野アートライン/世界的にも珍しい!北アルプスの麓にラインで繋がる19の美術館・博物館
〈対象美術館〉安曇野ちひろ美術館・安曇野ジャンセン美術館・碌山美術館 他

「安曇野アートライン 共通割引券」/「安曇野アートライン」HP内にある共通割引券を印刷して、
各美術館・博物館に提示すると様々なサービスを受けることができる。

詳細はこちら→安曇野アートラインHP

 

東京の美術館 展覧会情報

現在の、そしてこれからの展覧会情報を一覧でご案内。

日時を指定して美術館へ行こう!

入館するまでに行列、室内に入っても混雑の不満が解消できる、予約制の展覧会。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

おすすめ!東京の美術館のレストラン&カフェ

鑑賞の余韻に浸りながら楽しめるカフェをご案内。

 
▲このページのトップへ