月曜日に開館している東京の美術館

東京都内の美術館、博物館のほとんどは月曜が休館日です。とはいえ月曜日に出掛けたい方も多いでしょう。そこで、月曜日に開館している美術館、博物館をご紹介します。

    六本木、赤坂

  • 国立新美術館(東京都・港区六本木)

    コレクションを持たず、国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及等、アートセンターとしての役割を果たす新しいタイプの美術館。透明で大波のようにうねるガラスカーテンウォールが特色の建物は黒川紀章の設計。

    休館日:火曜日(祝日又は休日は開館、翌日休館)・設備維持管理、及び年末年始

  • サントリー美術館(東京都・港区赤坂)

    「美を結ぶ。美をひらく。」をミュージアムメッセージとして掲げ、2007年3月、六本木に新たにオープン。コレクションは、「生活の中の美」を中心テーマとし、絵画、陶磁、漆工、ガラス、染織など、日本人の生活に密着した作品を所蔵している。

    休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)・展示替期間、元日

  • 森美術館(東京都・港区六本木)

    六本木ヒルズ・54階建て森タワーの最上階に位置している。現代アートを中心に、ジャンルを超えた多様な展覧会や研究、教育普及活動を通して、多くの人たちに開かれた美術館のあり方を提案している。

    休館日:展覧会開催期間中無休

  • 森アーツセンターギャラリー
    (東京都・港区六本木)

    六本木ヒルズ森タワー52F展望台と同じフロアに位置するギャラリー。ファッションやシネマなど身近なテーマから歴史的な名画など、幅広いジャンルの展覧会を開催している

    休館日:展覧会により異なります

月曜日でも楽しめる、
六本木、赤坂周辺その他の施設


六本木ヒルズショッピング

(東京都・港区六本木)

買物、食事、芸術、映画、宿泊が楽しめる複合施設。森美術館は六本木ヒルズ・森タワーの最上階。

休館日:施設により異なる

❯❯❯ 公式サイト

東京タワー大展望台展望台

(東京都・港区芝公園)

壮大な東京の景色を楽しめる。

休館日:無休

❯❯❯ 公式サイト

写真歴史博物館ミュージアム

(東京都・港区赤坂)

東京ミッドタウンのフジフイルムスクエア内にあるカメラと写真の博物館。幕末、明治以降の貴重なアンティークカメラや写真を展示している。

休館日:無休

❯❯❯ 公式サイト

迎賓館赤坂離宮展望台

(東京都・港区元赤坂)

明治42年建設のネオバロック様式の宮殿建築で、館内の装飾も見事。現在は国の迎賓施設となり一般公開も実施している。

休館日:水曜日、接遇などによる非公開日

❯❯❯ 公式サイト

    青山

  • 岡本太郎記念館(東京都・港区青山)

    絵画、彫刻、太陽の塔をはじめ巨大なモニュメントや壁画など、あらゆる作品の構想を練り、制作した岡本太郎のアトリエが記念館となっている。期日を設けて館長の岡本敏子が展示作品の解説をし、質問に答えるミュージアム・トークが好評。

    休館日:火曜日(祝日の場合は開館)・展示替期間、年末年始(祝日の12/28~1/4)及び保守点検日

月曜日でも楽しめる、青山周辺その他の施設


伊藤忠青山アートスクエアギャラリー

(東京都・港区北青山)

感性あふれる優れた作品や、国際交流の懸け橋となるイベントを発信するギャラリースペース。

休館日:展覧会により異なる

❯❯❯ 公式サイト

ブルーノート東京ライブ

(東京都・港区南青山)

ジャズを中心に多様なジャンルの演奏を、お酒や食事とともに楽しめる、老舗ジャズ・クラブ。

休館日:不定休

❯❯❯ 公式サイト

    恵比寿

  • 東京都庭園美術館(東京都・港区白金台)

    東京都庭園美術館(東京都・港区白金台)

    昭和8年朝香宮邸として建てられたアール・デコ様式の建物を美術館として公開。広大な緑溢れる庭園に囲まれ、ガラスのレリーフや手すりのデザインなど、室内装飾や建物自体がすでに美術品。4月の庭園は毎年数多くのお花見客で賑わう。2014年11月22日リニューアル・オープン。

    休館日:毎月第2、第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)

    渋谷

  • Bunkamuraザ・ミュージアム
    (東京都・渋谷区道玄坂)

    コンサートホール、劇場、映画館などの施設を備え、さまざまな文化を通して未来を創る大型複合文化施設「Bunkamura」内にある美術館。可動壁面パネルで様々な空間を作り出す展示室では、近代美術の流れに焦点をあてた展覧会を中心に開催している。

    休館日:展覧会開催期間中無休(1月1日を除く)

  • 國學院大學博物館(東京都・渋谷区東)

    国学院大学に隣接し、考古学資料、神道資料を収蔵、展示する博物館。縄文・弥生時代の土器や土偶等の考古資料の「考古ゾーン」、神社の祭礼に関する資料の「神道ゾーン」、大学の歴史に関する「校史ゾーン」の3つの展示室と、企画展示室がある。

    休館日:不定期

    皇居周辺、日本橋

  • 明治大学博物館(東京都・千代田区神田駿河台)

    長い歴史を持つ私立大学の博物館。刑事部門、商品部門、考古部門の常設展示と企画展を行っている。「刑事部門」では法律関係の古文書や、江戸時代の捕物道具と拷問具、刑罰具などを展示、「商品部門」は伝統工芸品の収集・展示、「考古部門」では明治大学が発掘、調査した旧石器時代から古墳時代の遺跡の出土品を展示している。

    休館日:夏季、冬期休業など大学の定める日

月曜日でも楽しめる、
皇居周辺、日本橋その他の施設


3331 Arts Chiyodaギャラリー

(東京都・千代田区外神田)

旧練成中学校を利用したアートセンター。アートギャラリー、オフィス、 カフェなどが入居し、展覧会をはじめワークショップや講演会などを行っている。

休館日:年中無休、※1階ギャラリーは火曜日休場

❯❯❯ 公式サイト

LIXILギャラリーギャラリー

(東京都・中央区京橋)

建築とデザインとその周辺をめぐる巡回企画展、建築・美術展、やきもの展の3つのジャンルのスペースを併設するギャラリー(観覧料は無料)

休館日:水曜日

❯❯❯ 公式サイト

凧の博物館ミュージアム

(東京都・中央区日本橋)

江戸凧を始め日本全国から集められた凧のコレクション。昭和6年創業、人気の洋食屋さん「たいめいけん」ビル5階に。

休館日:日曜、祝日

❯❯❯ 公式サイト

    上野周辺

  • 上野の森美術館(東京都・台東区上野公園)

    上野公園の中に建つ美術館。常設展示は無いが、美術館主催の現代美術展、公募展のほか独創的な企画展を開催している。また、初心者から熟練者まで対象にしたアートスクールでは油彩、水彩、日本画などの講座を行っている。

    休館日:不定休(展示により異なります)

月曜日でも楽しめる、上野周辺その他の施設


上野恩賜公園公園、神社・寺院

(東京都・台東区上野公園)

ミュージアム以外にも西郷隆盛像や神社、寺院、レストランなどがあり一日楽しめる。

❯❯❯ 公式サイト

不忍池

(東京都・台東区上野公園)

通年ボート遊びが楽しめ、夏は池一面のハスの花、冬は渡り鳥が鑑賞できる人気のエリア。

上野東照宮神社

(東京都・台東区上野公園)

徳川家康公をお祀りする神社。社殿や唐門など国指定重要文化財も多く、透塀の動物と植物の彫刻も見事。冬にはぼたん苑が開苑する。

❯❯❯ 公式サイト

東京文化会館文化施設

(東京都・台東区上野公園)

オペラ、バレエ、クラシックの本格的な公演を行い「音楽の殿堂」と称される音楽ホール。

❯❯❯ 公式サイト

鈴本演芸場文化施設

(東京都・台東区上野)

上野公園から徒歩6分、落語を中心に、漫才、紙切り、奇術などの演目を、昼・夜入れ替えで行う上席の寄席。

休館日:無休

❯❯❯ 公式サイト

    押上

  • 郵政博物館(東京都・墨田区押上)

    明治時代から続く日本の郵便と通信の資料を展示。日本最大約33万種の切手コレクションは、各国の歴史や文化が絵柄に表れ興味深い。スカイツリータウンに直結している。

    休館日:不定休

月曜日でも楽しめる、押上周辺その他の施設


東京スカイツリー展望台、ショッピング

(東京都・墨田区押上)

2012年春開業した634mの電波塔。水族館、プラネタリウム、大型商業施設「ソラマチ」などが併設された複合施設。

休館日:無休

❯❯❯ 公式サイト

葛飾柴又寅さん記念館ミュージアム

(東京都・葛飾区柴又)

柴又帝釈天の近くにあり、映画『男はつらいよ』の世界を実物資料やジオラマ模型、懐かしの映像集などで紹介。

休館日:第3火曜日

❯❯❯ 公式サイト

    汐留

  • パナソニック 汐留ミュージアム
    (東京都・港区東新橋)

    21世紀型世界都市「汐留」松下電工東京本社ビル4階に位置する美術館。20世紀を代表する画家ジョルジュ・ルオーの油彩や版画作品、約190点の中から常設展示と年1回の特別展を実施。日本でも有数のルオーコレクションを鑑賞できる。ルオー展の他に、建築や生活文化のテーマで企画展を開催している。

    休館日:水曜日(祝日は開館)、展示替期間

    新宿・早稲田

  • センチュリーミュージアム

    センチュリーミュージアム
    (東京都・新宿区早稲田鶴巻)

    収蔵品は、奈良時代から江戸時代に渡る各時代の文字文化に焦点を当て蒐集。その所蔵品の特性から「書の美術館」として親しまれている。また同時に文字文化を支えた広範な美術分野にも視野を広げ、絵画、漆工、金工、彫刻など、広い展望に立った展示活動が注目されている。

    休館日:日曜日(年末年始、展覧会準備期間)

  • 中村屋サロン美術館(東京都・新宿区新宿)

    「中村屋サロン美術館」は芸術に深い造詣を有し、多くの若き芸術家を支援した「中村屋」の創業者、相馬夫妻が残した芸術・文化の薫りを今に伝えるべく、2014年10月、新宿中村屋ビル3階に開館。中村屋が所蔵する荻原守衛、中村彝作品を中心に新進芸術家の作品を紹介・展示している他、企画展も開催。

    休館日:毎週火曜日、1月1日(祝祭日の場合は開館、翌日休館)

  • 早稲田大学 會津八一記念博物館

    早稲田大学 會津八一記念博物館
    (東京都・新宿区西早稲田)

    博物館の設置を提唱していた會津八一の思いを継いで、1925年に建てられた図書館を、創建当初の意匠を活かしながら、1998年に會津八一記念博物館として開館。収蔵品は會津八一コレクションを中心に、大隈重信の遺品など、早稲田ゆかりの美術品や研究資料、東洋美術、日本近現代絵画、近世絵画、考古資料など多岐にわたる。

    休館日:日曜・祝日

月曜日でも楽しめる、新宿周辺その他の施設


東京都庁 展望室展望台

(東京都・新宿区西新宿)

地上202mの高さから東京のまちを一望できる無料の展望台。

休館日:第2及び第4月曜日

❯❯❯ 公式サイト

    豊島区

  • 古代オリエント博物館(東京都・豊島区東池袋)

    西アジア、エジプト地域を中心に古代オリエントに関する資料を収集、展示する博物館。旧石器時代からサーサーン朝時代までの資料約5,000点、及びシリア出土品を多数収蔵する。コレクション展(常設展)では出土品をはじめ、考古、美術、歴史等の幅広い資料を展示し、年に3回特別展も開催している。

    休館日:展示期間中は無休

    文京区

  • 東洋文庫ミュージアム
    (東京都・文京区本駒込)

    アジア全域の歴史と文化に関する東洋学の研究図書館として、1924年に設立された東洋文庫に併設されたミュージアム。国宝5点、重要文化財7点を含む約100万冊を所蔵。モリソンコレクションを収めたモリソン書庫、国宝・重要文化財と最高級の浮世絵の名品を展示する岩崎文庫、企画展を行うディスカバリールームなどで構成されている。

    休館日:毎週火曜日

    多摩北部

  • 武蔵野美術大学 美術館・図書館
    (東京都・小平市小川町)

    アートからデザインまで多様な企画展や所蔵品展など年間約10本の展覧会を開催し、入場無料で一般にも公開している。約3万点におよぶポスターや約350点の近代椅子など4万点をこえる所蔵品は、デザイン研究の基礎資料として社会的にも大きな意義を持つコレクションを形成している。

    休館日:日曜日、祝日・展示替期間

  • 平櫛田中館(東京都・小平市学園西町)

    小平市が生んだ、日本近代木彫界の巨匠彫刻家・平櫛田中(文化勲章受章者)の終えんの館を保存し、公開するために展示館として開館。庭園を観賞する中で、平櫛田中芸術の真髄(優れた写実力と深い精神性、彩色など)を味わえる。

    休館日:火曜日(ただし、祝日にあたるときはその翌日)・展示替期間、年末年始(12月27日~1月5日)

  • 武蔵野市立吉祥寺美術館
    (東京都・武蔵野市吉祥寺本町)

    小日常生活と文化芸術を結び親しむ場として、ショッピングセンター「コピス吉祥寺」7階に位置する美術館。コンパクトな施設ながら、企画展示室では野田九浦をはじめとする日本画、油彩画、版画、写真などの収蔵品展や、多彩なジャンルの企画展覧会が行われ、市民ギャラリーとしても利用されている。 銅版画家浜口陽三と、木版画家萩原英雄の記念室もある。

    休館日:毎月最終水曜日、年末年始(12月29日~1月3日)

    多摩南部

  • 多摩美術大学美術館(東京都・多摩市落合)

    古代エジプト、ギリシャ、西アジア、ローマ、北・中・南米、ヨーロッパ、中国、朝鮮、東南アジア、日本等の美術工芸品、考古学資料等を収蔵。歴史的芸術から現代芸術までの幅広い創造の世界を、展覧会や公開講座等によって紹介している。

    休館日:火曜日(祝日にあたる場合は翌日)・年末年始(12/28~1/5)、施設点検日等臨時休館日

東京近郊の月曜日に開館している美術館


横浜美術館(神奈川県・横浜市)

絵画、彫刻、写真、工芸など多くのコレクションを持ち7つの展示室で多彩な展示を行う美術館。

休館日:木曜日、年末年始

❯❯❯ 公式サイト

河鍋暁斎記念美術館(埼玉県・蕨市)

幕末から明治中期に浮世絵から狩野画風まで多くの作品を描いた日本画家、河鍋暁斎の美術館。

休館日:毎週木曜、毎月26日~末日

❯❯❯ 公式サイト

✤ 月曜日が祝日の場合は開館し、翌日を休館にする美術館が多くあります。月曜日が祝日の場合はホームページ等で確認することをお勧めします。祝日の月曜日を利用すると常には休館している美術館も行けますね。

東京の美術館巡りを楽しもう!

東京スカイツリー周辺ミュージアム!

スカイツリー周辺の美術館、博物館&おすすめ観光スポットを写真でご紹介。

ワンコインで美術館巡り!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを写真でご紹介。

山手線沿線で美術館巡りを!

山手線沿線の駅から歩いて15分以内の美術館を写真でご紹介。

東京駅周辺で美術館巡りを!

東京駅から徒歩15分以内の美術館&おすすめ観光スポットを写真でご紹介。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

▲このページのトップへ