[中部] 静岡県山梨県長野県
岐阜県愛知県三重県

ぶらり、出掛けたい!愛知県の美術館

2017年10月1日、愛知県名古屋市に、
輸出陶磁器を中心にした
「横山美術館」がオープンしました。

名古屋市

  • 愛知県/古川美術館・爲三郎記念館

    古川美術館・爲三郎記念館
    (愛知県・名古屋市)

    所蔵品は、初代館長古川爲三郎が長年に渡り収集した近代日本画を中心として、油彩画・陶磁器・工芸品、また西洋中世の装飾写本など多岐に渡っている。徒歩1分の離れに分館の爲三郎記念館がある。美術館は、バリアフリーで車椅子も常備。

  • 愛知県/桑山美術館

    桑山美術館(愛知県・名古屋市)

    コレクションの中心は、明治以降の近代日本画と茶道具、更に日本洋画と現代陶芸など。年3回の展示替えによりテーマ展示している。庭園には四季を通して季節の花が咲き誇り、また回遊式の庭園には様々な形態の燈籠が点在、散策が楽しめる。
    茶道工芸美術品を中心にした美術館 名園と名画がある美術館

  • 愛知県/ヤマザキマザック美術館

    ヤマザキマザック美術館
    (愛知県・名古屋市)

    18世紀から20世紀に至るフランス美術の流れを一望できる美術館。 ロココの時代から、エコール・ド・パリまでの絵画作品のほか、 アール・ヌーヴォーの代表的ガラス工芸作家である、エミール・ガレのガラスや家具などの工芸品をはじめ ティファニーのランプ、バカラのシャンデリ、マジョレルの家具などを常設展示。
    ガラス工芸作品を展示する美術館 女流作家の作品を収蔵する美術館

  • 愛知県/横山美術館

    横山美術館
    (愛知県・名古屋市)

    かつて輸出陶磁器の生産拠点であった名古屋に、2017年10月1日に開館。 明治・大正期に欧米を中心に海外へ輸出された陶磁器(里帰り品)を中心に所蔵。 オールドノリタケ、隅田焼、眞葛焼、瀬戸焼、萬古焼、石目焼などの 輸出陶磁器が常設展示され、企画展も開催される。
    やきものを鑑賞できる美術館

  • 愛知県美術館(愛知県・名古屋市)

    20世紀を中心に梅原龍三郎、岸田劉生などの日本の作家や、ピカソ、マティス、などの海外の作家の絵画、彫刻、版画など多岐に渡る作品を展示。また日本では数少ない、19世紀末装飾性豊かな作品を描いたクリムトの作品も所蔵している。

  • 大一美術館(愛知県・名古屋市)

    エミール・ガレの「茄子形ランプ」、ドーム兄弟の「みみずく文ランプ」、 チフーリの「ブルーバスケット」などの常設展示。秘蔵コレクションであるルネ・ラリック作「オラン」、「つむじ風」のガラス工芸作品を収蔵している。

  • 徳川美術館(愛知県・名古屋市)

    徳川家康の遺品をはじめ、尾張徳川家に伝わる武具、刀剣、茶の湯道具、室礼などの大名道具類を中心に、豊富な収蔵品を持つ美術館。国宝は源氏物語絵巻ほか9件、重要文化財57件、重要美術品46件を収蔵している。

  • 名古屋ボストン美術館(愛知県・名古屋市)

    米国ボストン美術館の姉妹館。 常設展、企画展ではボストン美術館の多様なコレクションから独自のテーマを選び作品を紹介している。

  • ノリタケミュージアム(愛知県・名古屋市)

    2001年10月「ノリタケの森」内の施設としてリニューアルオープン。1800年代の末から1900年代初頭にかけ製造され、主にアメリカへ輸出されたノリタケ初期の陶磁器の展示している。現在ではアメリカの骨董愛好家から「オールドノリタケ」と呼ばれるコレクターズアイテムで人気が高い。

  • 松坂屋美術館(愛知県・名古屋市)

    松坂屋名古屋店の南館7階に位置する美術館。国内外の絵画、工芸、書道等多彩なジャンルとで企画展を行っている。

  • 名古屋市美術館(愛知県・名古屋市)

    名古屋文化圏(伊勢湾周辺地帯)にゆかりの作家を中心とした北川民次、三岸節子、荒川修作、河原温、桑山忠明などの作品に「エコール・ド・パリ」「メキシコ・ルネサンス」「現代美術」、の収集方針に加え常設展や常設企画展、特別展を開催。

  • 唐九郎記念館(翠松園陶芸記念館)
    (愛知県・名古屋市)

    唐九郎の作品と、唐九郎が蒐集した桃山陶器片で展示構成された、近代陶芸界の巨匠、加藤唐九郎の記念館。近代陶芸史上における記念碑的な唐九郎の初期の代表作「氷柱」と、唐九郎の到達点とまでいわれる晩期の代表作「紫匂」がある。

尾張エリア(小牧市、長久手市、瀬戸市、一宮市)

  • 愛知県/メナード美術館

    メナード美術館(愛知県・小牧市)

    2009年4月、展示室や他目的ホールの新設とユニバーサルデザインを実現してリニューアルオープン。マネ、ゴッホ、ルドン、アンソール、スーラ、モローなどのヨーロッパ絵画、上村松園、尾形光琳などの日本画、藤島武ニ、岸田劉生などの日本洋画、彫刻・工芸・古美術をおよそ1400余点の多岐に渡って所蔵。

  • 名都美術館(愛知県・長久手市)

    収蔵品は近現代の日本画が中心。特に美人画のコレクションは「美人画の三巨匠」と呼ばれる上村松園、鏑木清方、伊東深水の作品が充実。横山大観、川合玉堂、平山郁夫など、日本画を代表する画家の作品も所蔵、近代以降の日本画のながれを観ることができる。

  • 愛知県陶磁美術館(愛知県・瀬戸市)

    古代・猿投窯で焼かれた仏器、中世・瀬戸窯で焼かれた酒器、愛知の生んだ、日本の現代陶芸の巨匠唐九郎の代表作品「黄瀬戸輪花鉢」の優品まで、やきものの歴史や作品を展示。東海地方の民俗信仰を示す資料でもあるこま犬を展示している。

  • 尾西市三岸節子記念美術館(愛知県・一宮市)

    生まれ故郷の尾西市名誉市民である、三岸節子の生涯に渡る作品を収集、展示している。 美術館は生地跡に建てられ、現存する土蔵を活かした展示室、ヴェネチアをイメージした水路などユニークな特色を持っている。

知多エリア(高浜市、美浜町)

  • 高浜市やきものの里かわら美術館
    (愛知県・高浜市)

    「かわら」をテーマにした世界唯一の美術館。日本各時代の瓦類をはじめ、世界の瓦類、焼物資料、瓦や焼物に関連した絵画、版画、浮世絵、書、写真を収集・展示(年4回の特別展・企画展)をしている。

  • 豊田市美術館(愛知県・高浜市)

    国内外の近現代の美術とデザイン分野の作品を収集、展示。展示室は漆芸術家、高橋節郎の寄贈作品を常設展示する高橋節郎館を含めて大小あわせて11室。展示方法等に工夫を凝らし、各展示室とも来館者に最良の鑑賞空間を提案している。

  • 杉本美術館(愛知県・知多郡美浜町)

    日本画家、杉本健吉の美術館。本館には「両界曼陀羅」、「新・平家絵物語」屏風をはじめ、油彩・水彩・素描着色など、初期から現在までの作品を収蔵、展示。新館には「両界曼陀羅」、「空海像」を展示するために特別に設計された部屋がある。

ワンコイン美術館〈東京〉

[New] 06.05 料金お得、内容充実の美術館!

山手線沿線美術館

山手線の駅から歩いて15分以内で行ける美術館!

東京周辺の美術館〈丸の内〉

東京駅から徒歩15分以内の、丸の内の美術館。

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

行ってみたい美術館が見つかる本

フランス人がときめいた
日本の美術館

フランス人美術史家による
「本当に訪ねる価値のある」
美術館のガイドブック

2018年注目の展覧会を見つける!

美術展完全ガイド2018

2018年の美術展の中から
注目の展覧会をご案内

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

ビクセン 単眼鏡
アートスコープ
H4×12 レッド

繊細な筆のタッチも
工芸品の細かな細工も
驚く程よく見える

ちょっと気になるアートグッズ

自宅でアート鑑賞

びじゅチューン!
DVD BOOK4

美術作品を題材にした
ユニークなNHK Eテレの
番組がDVDになった!

- PR -

MoMA STORE
▲このページのトップへ