美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館
[東北] 青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

ぶらり、出掛けたい!山形県の美術館

山形県

山形県デスティネーションキャンペーン・キャラクター
きてけろくん
承認番号 25039号


  • 白鷹町文化交流センターAYu:M(山形県 西置賜郡白鷹町)

    文化、交流・人づくりの拠点となることを目指し、 室内楽に適したホール・ギャラリー・文化伝承室(多目的室)・ 屋外交流広場などを備えた複合施設。 同町出身の洋画家・梅津五郎の作品を収蔵し、 ギャラリーでは梅津五郎の通常展や、企画展などを開催している。

    白鷹町文化交流センターAYu:M
    (山形県 西置賜郡白鷹町)

  • 与謝蕪村の「奥の細道図屏風」や、松尾芭蕉の「出羽三山短冊」をはじめとする東洋美術、 山形市出身で近代彫刻の新海竹太郎など、郷土ゆかりの美術、 ルオー 、ピカソ 、シャガールなどフランス近代絵画などを展示。

    山形美術館(山形県 山形市)

  • 山形県河北町出身の実業家・後藤季次郎氏が収集したヨーロッパ絵画のコレクションを核とする美術館。 フランスを中心とする17世紀から19世紀までの絵画コレクションのほか ガレ、ドームなどのガラス作品、ロダンの彫刻作品等幅広いジャンルの美術品を所蔵。

    山寺後藤美術館(山形県 山形市)

  • 蔵王連峰の西、山形県上山市の中心部に昔のままに静かにたたずむ私立美術館。 日本庭園に囲まれた大正時代の住宅や土蔵、昭和27年に建設された洋館などを美術館としている。 中国明・清時代の彫漆、日本刀とその外装品や甲冑などを常時展示。

    蟹仙洞(山形県 上山市)

  • 日本画家・今野忠一、彫刻家・豊田豊、画家・熊谷守一など 天童市や天童市周辺地域で活躍した作家の作品を中心にした美術館。 昭和、平成に描かれた日本画を多数収蔵。上村松園、横山大観をはじめとする日本を代表する作家の作品も。

    天童市美術館(山形県 天童市)

  • 明治後期頃の伝統的日本家屋の母屋と蔵座敷を展示室とした美術館。 古韓国・新羅・高麗・李朝期の陶磁器と工芸品などを展示。 別館にて画家・斎藤真一の「瞽女シリーズ」などの作品を展示している。

    出羽桜美術館(山形県 天童市)

  • 江戸の浮世絵師、歌川広重の東海道五十三次をはじめとする浮世絵作品を展示。 毎月、広重または浮世絵をテーマにした企画展を開催している。天童温泉の「滝の湯ホテル」に隣設する美術館。

    広重美術館(山形県 天童市)

  • バレーダンサーや裸婦像を主要なテーマに制作活動を行った酒田市出身の彫刻家・高橋剛の ブロンズ像やデッサン、洋画家・斎藤長三、現代日本具象洋画の巨匠、森田茂の作品を中心に展示。 最上川、鳥海山を一望に収める喫茶室もぜひ。

    酒田市美術館(山形県 酒田市)

  • 本間家が藩主酒井家のために幕府巡見視の宿舎用に建て、 後に本間家代々の本邸となった書院造り(旗本2000石の格式をもつ)の建物。 木造建築物としては酒田市最古であり、山形県指定文化財になっている。

    本間家旧本邸(山形県 酒田市)

  • 江戸時代に本間家の別荘として築造された「清遠閣」、昭和43年に建てられた新館、 そして鶴舞園と呼ばれる廻遊式庭園からなる美術館。 本間家に伝わる庄内藩酒井家、米沢藩上杉家など東北諸藩からの拝領品を中心に展示している。

    本間美術館(山形県 酒田市)

  • 酒田市出身の土門拳の全作品約70000点を収蔵し、年4回の展示替えを行い、 順次公開している日本最初の写真専門の美術館。土門拳は最高傑作の「古寺巡礼」をはじめ 「室生寺」「筑豊のこどもたち」など日本の美、日本人の心を写しきっている。

    土門拳記念館(山形県 酒田市)

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

開催が待ち遠しい!注目の巡回展

特別展「怖い絵」展

展覧会「特別展「怖い絵」展」のイメージ画像

兵庫県立美術館(兵庫県)
終了しました

上野の森美術館(東京都)
10月7日(土)~12月17日(日)

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

カンディンスキーの作品がある美術館

カンディンスキーに出会える美術館

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

美術展ぴあ 2017秋冬ー2018―最新版 絶対!観るべき美術展120 (ぴあMOOK)

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:ぴあ

販 売:amazon

北斎漫画[肉筆未刊行版]

☆ 200年の時を超え、初めて出版される、北斎の幻の漫画集。

出版社:河出書房新社

販 売:amazon

島と星座とガラパゴス ヨコハマトリエンナーレ2017 公式図録

内 容:〜11月5日まで開催!『ヨコハマトリエンナーレ2017 』公式ガイドブック。

出版社:青幻舎

販 売:amazon

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ アートスコープH4x12 11301-9 レッド

☆ 緻密に描かれた絵画を間近で観てるみたい、小さくて読みづらい解説の文字がはっきりみえる。単眼鏡のアート専用モデルが登場。専用ケース(別売)でおしゃれに持って。

ブランド:VIXEN

販  売:amazon

MoMA STORE
▲このページのトップへ