散策しめる
美術館素敵庭園

庭が綺麗!感動する美術館の庭園をご紹介。春は桜、秋は紅葉など四季折々の樹々を鑑賞できる、茶室や灯籠、庭石があるなど全国の美術館には庭が見所の一つのところも。アメリカの雑誌の日本庭園ランキングで上位に選ばれたり、国指定名勝に指定されるなど高い評価を受ける庭もあります。アート鑑賞と庭園の散策でより心が癒されるでしょう。

東北

  • 本間美術館(山形県)

    江戸時代に本間家の別荘として築造された「清遠閣」、昭和43年に建てられた新館、 そして鶴舞園と呼ばれる廻遊式庭園からなる美術館。 本間家に伝わる庄内藩酒井家、米沢藩上杉家など東北諸藩からの拝領品を中心に展示している。 

  • 東京

  • 庭園/根津美術館

    根津美術館(東京都)

    絵画、 書跡、彫刻、陶磁、漆芸、金工、木竹工、染織など東洋古美術品を多岐に渡りそれぞれの分野の名品を収蔵。茶の湯の道具と仏教美術品はことに充実している。施設内の広大な自然味の深い庭園の散策も楽しめる。 ※ 画像は庭園内の茶室「弘仁亭」

  • 東京都庭園美術館(東京都)

    昭和8年朝香宮邸として建てられたアール・デコ様式の建物を美術館として公開。2015年(平成27年)に国の重要文化財に指定された。広大な緑溢れる庭園に囲まれ、ガラスのレリーフや手すりのデザインなど、室内装飾や建物自体がすでに美術品。4月の庭園は毎年数多くのお花見客で賑わう。2014年11月22日リニューアル・オープン。

  • 関東

  • ダイアナガーデンエンジェル美術館
    (栃木県)

    19世紀後半から20世紀前半に作られたイギリスで制作された 幻の名窯、ドルトン・ランベスの陶磁器を中心に展示。 展示棟の周囲約2600平方メートルに、英国家資格を持つガーデナーの監修に基づいた イングリッシュガーデンも必見。

  • 山口蓬春記念館(神奈川県)

    日本画家・山口蓬春の本画をはじめ、素描、模写や、蓬春が長年にわたり収集した 美術品などを随時展示替えを行いながら公開。 著名な日本建築家である吉田五十八氏設計のアトリエ、四季の趣豊かな庭園を公開している。

  • 東海

  • 佐野美術館(静岡県)庭園

    佐野美術館(静岡県)

    日本美術の展覧会を中心に開催する美術館で、工芸、絵画、写真など多彩な展覧会を楽しむことができる。常設展示室では、刀剣や仏像をはじめとする収蔵品の一部を公開。四季折々の表情を楽しめる日本庭園を併設している。

  • 庭園/桑山美術館

    桑山美術館(愛知県)

    コレクションの中心は、明治以降の近代日本画と茶道具、更に日本洋画と現代陶芸など。年3回の展示替えによりテーマ展示している。庭園には四季を通して季節の花が咲き誇り、また回遊式の庭園には様々な形態の燈籠が点在、散策が楽しめる。

  • 水野美術館(長野県)

    横山大観の初期の代表作「無我」をはじめ、岡倉天心の流れをくむ橋本雅邦、菱田春草、 下村観山など 近代日本画を系統立てて集めた作品や長野県内画家の作品など約400点余の収蔵品をもつ。 館内には四季折々の表情を映す本格日本庭園も。

  • 関西

  • 庭園/西宮市大谷記念美術館

    西宮市大谷記念美術館(兵庫県)

    ルオー、クールベ、ユトリロ、ドラン、ローランサンなどの西洋絵画や富岡鉄斎、橋本関雪、上村松園、梅原龍三郎、川合玉堂など国内の絵画を所蔵、展示。他に年5回の特別企画展を開催。毎年恒例の「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」が人気。敷地内の回遊式日本庭園では散策が楽しめる。

  • 和泉市久保惣記念美術館(大阪府)

    日本、中国をはじめとする東洋古美術の美術館。現在の収蔵品は国宝2点、 重要文化財28点を含む総数約5000点。 常設展示として中国工芸品とモネやルノワールなどの西洋絵画を公開している。 日本庭園や茶室を散策しながら名品を鑑賞したい。

  • 中国

  • 神勝寺 禅と庭のミュージアム
    (広島県)

    禅の世界をアートや体験を通じて感じることができるミュージアム。禅寺 神勝寺の広大な境内に、白隠禅師の禅画、墨蹟の常設展示館「荘厳堂」、彫刻家 名和晃平/クリエイティブ・プラットフォーム「SANDWICH」が設計し、現代アートの領域から禅の教えを解釈、表現したアートパビリオン《洸庭》、17世紀の堂宇(移築)、千利休の茶室(復元)等が点在している。
    ※画像はアートパビリオン「洸庭」 Photo : Nobutada OMOTE | SANDWICH

  • 足立美術館(島根県)

    横山大観の出世作「無我・紅葉」などをはじめとする近代日本画の数々と、 北大路魯山人、河井寛次郎などの陶芸、平櫛田中の木彫刻、蒔絵、童画などの展示と、 四季折々の表情を醸し出す13000坪の日本庭園を鑑賞できる美術館。

  • 絲原記念館(島根県)

    奥出雲の元松江藩、鉄師頭取(たたら製鉄師)の絲原家が400年に渡って伝承してきた 文化資料、美術工芸品、民族資料を展示する土蔵造りの記念館。 隣接する絲原家庭園・居宅の一部も公開され、庭園は約360坪あり出雲流の造園として有名。

  • 毛利博物館(山口県)

    毛利家に伝わる雪舟の代表作「四季山水図・国宝」や「毛利元就画像・重文」をはじめとする 貴重な書蹟・典籍類、甲胄、刀剣、武具、衣裳、調度、茶道具、漆器、陶磁器、金工品などを収蔵、展示。 また国指定名勝・毛利氏庭園も必見の価値あり。

  • 四国

  • 中津万象園・丸亀美術館(香川県)

    丸亀藩主、京極高豊により中津別館として築かれた庭園と、 ミレー、ルソー、コロー、クーベルなどの19世紀フランス画を常設する絵画館、 古代オリエントロマンあふれる陶器館、江戸時代から昭和に至るひな人形を集めたひいな館からなる。

庭園と散策が楽しめる美術館〈東京版〉はこちら

アートのある暮らしを!

掲載作品:農家の庭、接吻、メーダ・プリマフェージの肖像、赤子 他

掲載作品:伊藤若冲、上村松園、速水御舟他

    book2
  • ちょっと気になるアート本

    教えてコバチュウ先生!
    琳派超入門

    「琳派」の概要を、俵屋宗達と本阿弥光悦、尾形光琳・乾山兄弟、酒井抱一と鈴木其一などの絵師を軸に、さまざまなエピソードを交えながら日本美術史家小林忠先生が説き明かす。

  • 新版 縄文美術館

    見ているだけでワクワクする!縄文の土器や土偶が美しいカラー写真で紹介されたアーティスティックな一冊。

  • 絵を見る技術
    名画の構造を読み解く

    なぜ、この絵に惹きつけられるのだろうか・・この絵の主役は?絵のバランスって?名画の裏に構造ありなど絵の見方を訓練すると答えが見つかる。

東京の美術館巡りを楽しもう!

東京駅周辺で美術館巡りを!

東京駅周辺のおすすめ美術館をご紹介。丸の内、日本橋、京橋へアート散歩。

ワンコインで美術館巡り!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを写真でご紹介。

東京スカイツリー周辺ミュージアム!

スカイツリー周辺の美術館、博物館&おすすめ観光スポットを写真でご紹介。

山手線沿線で美術館巡りを!

山手線沿線の駅から歩いて15分以内の美術館を写真でご紹介。

人気!〈ファンダシオン美術館〉限定トートッバッグ。

アートグッズのアートDG堂

❖ 東京の美術館巡りにおすすめの宿 ❖

〜Go To トラベルで美術館巡りを!〜

ザ・キャピトルホテル東急
東京メトロ 銀座線・南北線・千代田線・丸ノ内線が利用可能。Go Toトラベル対象ホテル。

星のや東京
東京駅丸の内北口より徒歩10分。Go Toトラベル対象ホテル。

ビジネスや観光の移動に

コロナ対策のバスで行く

東京の美術館 再開・休館情報

コロナの影響で長期休館になった美術館。現在の再開情報を発信中

あの展覧会はどうなった?

コロナの影響で会期が変更、中止になった展覧会。注目の東京の美術展情報

『日時指定予約制』で3密回避

混雑、行列を避けてアート鑑賞を愉しめる、日時指定予約制の美術展

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

フランス人がときめいた日本の美術館

☆日本美術をこよなく愛するフランス人が選んだ 「本当に訪ねる価値のある」美術館のガイドブック。

著者:ソフィー リチャード/ (翻訳)山本 やよい

出版社:集英社インターナショナル

販売:amazon

▲このページのトップへ