美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館
[近畿] 京都府大阪府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

ぶらり、出掛けたい!滋賀県の美術館

滋賀県イメージキャラクター
うぉーたん

    大津エリア

  • 滋賀県立近代美術館(滋賀県・大津市)

    速水御舟、下村観山を始めとする日本美術院を中心とした近代日本画や 郷土ゆかりの美術作品、アメリカと日本を中心とした現代美術などを収集、展示。 人物画と静物画を得意とする、滋賀県出身の女流日本画家 小倉遊亀の作品コーナー展示はなかでも人気がある。

    滋賀県立近代美術館(滋賀県・大津市)

    掲載カテゴリー ⇒ 小倉遊亀に出会える美術館

    甲賀エリア

  • 滋賀県/滋賀県立陶芸の森・ 陶芸館

    中世より続く日本六古窯のひとつに数えられる信楽。 伝統ある焼き物の地、信楽にある陶芸専門の美術館。 国内外の現代陶芸作品と郷土ゆかりの陶芸作品を収蔵。年6回程収蔵品展や 特別展を開催。収蔵品の解説ビデオ上映や茶会企画も行っている。

    滋賀県立陶芸の森・陶芸館
    (滋賀県・甲賀市)

    掲載カテゴリー ⇒ やきものを鑑賞できる美術館

  • MIHOミュージアム(滋賀県・甲賀市)

    信楽の美しい山々に囲まれた美術館。桐紋陣幕屏風(桃山時代)などの日本の美術品や 隼頭神像(エジプト)、精霊と従者浮彫(アッシリアのレリーフ)など世界の古代美術品を収蔵、展示している。 建物の設計は、フランス・ルーブル美術館のガラスのピ ラミットを手掛けたI.M.ペイ。

    MIHOミュージアム(滋賀県・甲賀市)

    掲載カテゴリー ⇒ 有名建築家が設計した美術館

    東近江エリア

  • 滋賀県/ボーダレス・アート ミュージアム NO-MA

    「人の持つ普遍的な表現の力」をリアルに感じてもらえるように、 障害のある人の表現活動と、一般のアーティストの作品を並列し紹介する、 滋賀県社会福祉事業団が運営する全国でも例の無い公的ミュージアム。 歴史ある伝統的建造物群保存地区にあり昭和初期の町屋を改築している。

    ボーダレス・アートミュージアム NO-MA
    (滋賀県・近江八幡市)

    掲載カテゴリー ⇒ 個性豊かな建物の美術館

  • 織田信長や中世の城づくり、戦国大名の城郭、安土城築城、信長の町づくり、安土城の復元、近世の城づくり、 石垣、城内の暮らしの他、大中の湖南遺跡と弥生時代、古墳時代の生活に関する資料を常設展示。 春秋の年2回特別展を開催している。

    滋賀県立安土城考古博物館
    (滋賀県・近江八幡市)

  • 1992年スペイン・セビリア万国博覧会の日本館メイン展示に出展された、 豪壮華麗な幻の安土城の天主5・6階部分を安土町が譲り受け新たに復元、展示。 また和紙人形作家、木村藤寄贈による信長激動の半生を表現した和紙人形約50体展示が人気。

    安土城天守 信長の館(滋賀県・近江八幡市)

  • 大展示室ではバーナード・リーチの陶器、リトグラフ、エッチングなどの作品を収集・常設展示は150点ほど。 バーナード・リーチと関わりの深い濱田庄司や富本憲吉、河井寛次郎の作品も。 小展示室はバーナード・リーチの陶板、歌麿、広重の浮世絵、ミロ、棟方志功の版画などを 年3回順次入れ替え展示している。

    日登美美術館(滋賀県・東近江市)

    湖南エリア

  • ジオラマによる琵琶湖の生い立ちや、200年前の古琵琶湖の世界の復元、琵琶湖の環境と人々のくらし、 琵琶湖とその集水域の生き物などをテーマにした「体感型」博物館。 期間を定めてさまざまな展示企画を年5回~6回ほど行っている。

    滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県・草津市)

  • 仏教伝来をテーマに「シルクロードシリーズ」を描き続ける、日本を代表する日本画家、平山郁夫の作品と、 子供や女性をテーマに、常に温かな眼で人間を見つめ続けてきた 彫刻家、佐藤忠良の彫刻作品や 素描を中心に常設展示している。

    佐川美術館(滋賀県・守山市)

滋賀県の美術館 おすすめ展覧会

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

開催が待ち遠しい!注目の巡回展

特別展「怖い絵」展

展覧会「特別展「怖い絵」展」のイメージ画像

兵庫県立美術館(兵庫県)
終了しました

上野の森美術館(東京都)
10月7日(土)~12月17日(日)

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

カンディンスキーの作品がある美術館

カンディンスキーに出会える美術館

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

美術展ぴあ 2017秋冬ー2018―最新版 絶対!観るべき美術展120 (ぴあMOOK)

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:ぴあ

販 売:amazon

北斎漫画[肉筆未刊行版]

☆ 200年の時を超え、初めて出版される、北斎の幻の漫画集。

出版社:河出書房新社

販 売:amazon

島と星座とガラパゴス ヨコハマトリエンナーレ2017 公式図録

内 容:〜11月5日まで開催!『ヨコハマトリエンナーレ2017 』公式ガイドブック。

出版社:青幻舎

販 売:amazon

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ アートスコープH4x12 11301-9 レッド

☆ 緻密に描かれた絵画を間近で観てるみたい、小さくて読みづらい解説の文字がはっきりみえる。単眼鏡のアート専用モデルが登場。専用ケース(別売)でおしゃれに持って。

ブランド:VIXEN

販  売:amazon

MoMA STORE
▲このページのトップへ