logo





体験企画がある美術館



※ 画像は手作りジェル
キャンドルイメージ
箱根ラリック美術館(神奈川県)

ルネ・ラリックの生涯にわたる創作活動の全貌が鑑賞できる美術館。約1500点の所蔵作品から日本最多の約40点の貴重な宝飾作品、香水瓶や花器を中心としたガラス作品、後半生に制作した建築装飾まで幅広く紹介、230点を常設展示している。

《 クラフト体験 》
● 手作りジェルキャンドル

お好みの硝子細工を選んで、カラーサンドで土台を作ったらグラスの中にディスプレイ!

クリアジェルストラップ
透明なジェルの中にお気に入りのパーツを閉じ込めて、オリジナルのキーチェーンを作りましょう♪

寄木コースター
箱根の伝統“寄木”で本格派コースター作り!

※詳細は箱根ラリック美術館(神奈川県)のサイトをご覧ください。

※ 画像は手ひねり体験
イメージ
福井県陶芸館(福井県)

豊かな自然に囲まれた古窯の里、越前町の越前陶芸村にある福井県陶芸館。日本六古窯の一つに数えられ、素朴でありながら力強く個性的な美しさを持つ越前焼のすべてがわかる施設として、見て学ぶ「資料館」、作って楽しむ「陶芸教室」、使って味わう「茶苑」が揃っている。

● 手ひねり体験コース
越前の粘土を使って、食器や花びんなど、自由な発想で自分だけのオリジナル作品が作れます。お子様からご年配の方まで、土に触る楽しさを気軽に体験していただけるコースです。
料金/お1人様 1kg 1,200円
所要時間/1.5~2時間
受付時間/午前の部 9:00~10:00 午後の部 13:00~14:00
※作品が完成するまでは約40日かかります。完成した作品は、ご自宅への配送も承ります。(着払いのみ)

● 絵付け体験コース
素焼きの器に、自由に絵や文字を描くコースです。旅の記念として、またご家族や友人へのプレゼントにいかがでしょう。
料金/ゆのみ(小)500円、ゆのみ(大)500円、ビアカップ 600円 、皿 600円、ご飯茶碗(小)700円、ご飯茶碗(大)800円、ミルクカップ 800円、おろしそば鉢 800円、花びん 1,000円、抹茶茶碗 1,200円
所要時間/約30分
受付時間/午前の部 9:00~11:00、午後の部 13:00~15:00
※作品が完成するまでは約40日かかります。完成した作品は、ご自宅への配送も承ります。(着払いのみ)

※詳細は福井県陶芸館(福井県)のサイトをご覧ください。

※ 画像はこけし絵付け
体験イメージ
カメイ美術館(宮城県)

日本の近・現代の作家の具象画を中心に、20世紀初頭の絵画運動で活躍したフランス人作家や東北にゆかりのある作家、女流水墨画家・傅益瑶の「奥の細道」シリーズなどを展示。この他、世界の蝶の標本と伝統こけしも展示。

●こけし絵つけ体験「自分のこけしをつくろうよ」
白木のこけしと絵の具が用意されており、オリジナルな自分のこけし作りが体験できる。
絵つけ体験料金/500円 対象:高校生以下
所要時間/約1時間、定員/1回につき12人まで

●ワークシート「チョウの不思議」
展示されているチョウの標本を見たり、顕微鏡(けんびきょう)ではねを観察してクイズに答える形式のワークシート。はねの色・模様やりんぷんの形、体のしくみなど、チョウについての新しい発見があるかも!
小学生用→入門編、中学生用→中級編 共に体験料無料

※詳細はカメイ美術館のサイトをご覧ください。

北一ヴェネツィア美術館/展覧会
※ 画像はカーニバル体験
イメージ写真
北一ヴェネツィア美術館(北海道)

イタリアの古都ヴェネツィアの、豊かで潤いのある文化を紹介する美術館。18世紀頃の宮殿の部屋を再現し、四季ごとの貴族の優雅な生活様式や、様々なヴェネツィアガラスの作品を紹介。貴族のドレスで記念撮影が出来るコーナーやカフェもある。

● 衣装文化体験 本格派におすすめ!ヴェネツィアドレス体験
本場イタリアのドレスメーカーに特注した、18世紀スタイルの貴族の衣装『ヴェネツィアドレス』
料金/2,625円~(衣装代・写真代込み)

● 衣装文化体験 手軽に楽しく! カーニバル衣装体験
洋服の上から簡単に着ることができる、ヴェネツィアのカーニバルをイメージしたカラフルな衣装
料金/735円~(写真代)

※詳細は北一ヴェネツィア美術館のサイトをご覧ください。

大型立佞武多を常時観覧できる他、併設の製作所では、巨大ネプタの製作現場も見学できる。
また津軽の民工芸の製作体験もでき、最上階の展望ラウンジでは、岩木山、津軽平野の展望を
食事とともに楽しめる。美術展示ギャラリーでは青森県に縁のある作家の作品を展示。

立佞武多の館(青森県)

岩手山、姫神山を眺望する雄大な自然に囲まれた野外彫刻美術館。
岩手町特産の黒御影石を主材に優れた石彫作家が制作した作品を展示。
たおやかな自然と彫刻が調和したオープンミュージアム。

岩手町立石神の丘美術館(岩手県)

江戸東京の歴史遺産を守り、東京の歴史と文化を振り返ることによって未来の東京を考えるために
設立された博物館。常設展示室は「江戸ゾーン」「東京ゾーン」「第2企画展示室」で構成。
浮世絵や絵巻、着物、古地図、大型模型などが展示されている。

江戸東京博物館(東京都)

15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ貴族を魅了した、ヴェネチアン・グラスの名品の数々と、
シンプルでモダンな造形と洗練された色使いの現代ガラスを収蔵、展示するヨーロッパ風の館の美術館。

箱根ガラスの森(神奈川県)

藤田喬平、扇田克也、パヴェル・フラヴァ、ハワード・ベン・トレなどの国内外の現代ガラスアートの展示と
気軽に楽しめるガラス工芸の体験工房・特別講座がある。

黄金崎クリスタルパーク(静岡県)


岩崎一彰の宇宙細密画と呼ばれる原画の展示を始め、プラネタリウムや、
屋上天文台(太平洋を望む250度の眺望が楽しめる)での天体観望が出来る体験型の美術館。
「 科学と芸術の結晶」ともいわれる絵画の世界を堪能できる。61cm反射望遠鏡で天体観測が体験できる。

岩崎一彰・宇宙美術館(静岡県)

古来多くの画家によって描かれてきた富士山。近現代の画家が独自の視点で富士に挑んだ秀作を
主体にコレクション、展示している美術館。芸術家の眼を通したさまざまな富士が見られる。
富士急ハイランド、ホテルハイランドリゾートに隣接。建物の設計は大江匡。

フジヤマミュージアム(山梨県)

20世紀初頭アール・デコの頂点に輝き、洗練されたデザインと斬新なアイデアで人気を得た
フランスのガラス工芸家、ルネ・ラリックだけの作品を集めた美術館。
常設展の他、ラリックに関する企画展や工房イベントなど多彩に開催。

SUWAガラスの里(長野県)

「かわら」をテーマに、日本の各時代、各地域の瓦類をはじめ、
中国・朝鮮などの瓦類、瓦ややきものに関連した美術品(絵画、版画、浮世絵、書、写真)を収集、展示。
年4回特別展・企画展を開催。また陶芸創作体験・陶芸教室も開いている。

やきものの里かわら美術館(愛知県)

名古屋文化圏(伊勢湾周辺地帯)にゆかりの作家を中心とした北川民次、三岸節子、荒川修作、河原温、
桑山忠明などの作品に「エコール・ド・パリ」「メキシコ・ルネサンス」「現代美術」の収集方針に加え、
常設展や常設企画展、特別展を開催。

名古屋市美術館(愛知県)

霧島連山の北にある栗野岳の中腹、大自然の中に広がるスケールの大きな美術館。
所蔵作品は、国内外の20名の優れた作家の現代彫刻が展示されている野外広場・樹林ゾーン・創造の森
からなる「野外エリア」とアートホールの「屋内エリア」に。

鹿児島県霧島アートの森(鹿児島県)

< カテゴリーから選ぶへ


おすすめカテゴリー

子供と楽しみたい美術館 人形の美術館 写真家の美術館



 


HOMEへ戻る ▲このページのTOPへ戻る  

東京のおすすめ展覧会情報

全国のおすすめ展覧会情報

月曜

カテゴリー