美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館
[四国] 香川県徳島県高知県愛媛県

ぶらり、出掛けたい!愛媛県の美術館

愛媛県

愛媛県イメージアップキャラクター
みきゃん
許諾番号:1-2507004


  • 愛媛県/今治市伊東豊雄建築ミュージアム

    建築家・伊東豊雄が選んだ約100件のプロジェクト図面を中心に収蔵する日本初の建築ミュージアム。 鉄板で構成された外観が目を引く、作品を展示するスティールハットと、伊東豊雄の旧自邸を再生し、ワークショップやリサーチのスペースとしたシルバーハットの2棟で構成されている。

    今治市伊東豊雄建築ミュージアム
    (愛媛県・今治市)

    掲載カテゴリー ⇒ 有名建築家が設計した美術館

  • 黒田清輝、藤島武二など、日本近代洋画史上の巨匠から 現代絵画の菅井汲、荒川修作に至るまでの代表的日本油彩画家の作品を展示。 特に注目したいのは中村彝、松本竣介など異色画家やピカソ・シャガール、ルオーの海外作品も揃えている。

    今治市玉川近代美術館(愛媛県・今治市)

  • 日本画家・福田平八郎の常設展示コーナーや郷土ゆかりの作家の作品、 その他日本画、書、洋画、版画、彫刻・工芸・現代美術から海外の作品まで収集、展示する総合美術館。 また一般の人達が版画、染色、絵画などさまざまな創作を自由に行えるアトリエも併設。

    愛媛県美術館(愛媛県・松山市)

  • 美術館としては珍しい木造建築の温かみのある建物。 村山槐多の作品を中心に、高橋由一、萬鐵五郎、岸田 劉生などの作品を展示。 館蔵品展や企画展の他に ギャラリーコンサートなど多彩に開催。四季の花々が楽しめる隣接した「森林山草園」も。

    久万美術館(愛媛県・上浮穴郡久万高原町)

  • ロダンの彫刻を展示する「ロダンの部屋」をはじめ、上村松園、川合玉堂、加山又造などの日本画、 梅原龍三郎、小磯良平、藤田嗣治などの洋画、ロダン作品の他、 アンデルス・ゾルン、ブールデル、石井厚生などの彫刻作品を収蔵、展示している。

    セキ美術館(愛媛県・松山市)

  • 三浦保の自作の陶板画(ミウラート)と、氏のアート・スピリットに共感する作家の陶板画作品に、 古代オリエント陶器から現代アートまで、企画展を織り交ぜながら収蔵品を展示。 年に数回企画展も開催している。

    ミウラート・ヴィレッジ
    (三浦美術館)(愛媛県・松山市)

  • 希少性の高い江戸時代のびいどろ・ぎやまんから明治・大正の硝子まで、 300余点のノスタルジックな日本の硝子工芸品を集める美術館。 道後の名物、国の重要文化財に指定されている道後温泉本館すぐ近くにある。

    ぎやまんガラス美術館(愛媛県・松山市)

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

開催が待ち遠しい!注目の巡回展

特別展「怖い絵」展

展覧会「特別展「怖い絵」展」のイメージ画像

兵庫県立美術館(兵庫県)
終了しました

上野の森美術館(東京都)
10月7日(土)~12月17日(日)

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

カンディンスキーの作品がある美術館

カンディンスキーに出会える美術館

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

美術展ぴあ 2017秋冬ー2018―最新版 絶対!観るべき美術展120 (ぴあMOOK)

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:ぴあ

販 売:amazon

北斎漫画[肉筆未刊行版]

☆ 200年の時を超え、初めて出版される、北斎の幻の漫画集。

出版社:河出書房新社

販 売:amazon

島と星座とガラパゴス ヨコハマトリエンナーレ2017 公式図録

内 容:〜11月5日まで開催!『ヨコハマトリエンナーレ2017 』公式ガイドブック。

出版社:青幻舎

販 売:amazon

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ アートスコープH4x12 11301-9 レッド

☆ 緻密に描かれた絵画を間近で観てるみたい、小さくて読みづらい解説の文字がはっきりみえる。単眼鏡のアート専用モデルが登場。専用ケース(別売)でおしゃれに持って。

ブランド:VIXEN

販  売:amazon

MoMA STORE
▲このページのトップへ