美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

ガラス工芸作品展示する美術館

香水瓶、ランプシェードなど
ガラス工芸品を所蔵する美術館の紹介です。
ラリック、ガレ、
そして国内では藤田喬平などの
ガラス工芸作家の作品や、
現代のガラスアートまで多岐にわたります。ガラス工芸の制作体験ができる
美術館もあります。

北海道
  • イタリアの古都ヴェネツィアの、豊かで潤いのある文化を紹介する美術館。 18世紀頃の宮殿の部屋を再現し、四季ごとの貴族の優雅な生活様式や、 様々なヴェネツィアガラスの作品を紹介。貴族のドレスで記念撮影が出来るコーナーやカフェもある。

    北一ヴェネツィア美術館(北海道)

東北
  • アール・デコの巨匠と称えられる、フランスの装飾芸術家ルネ・ラリックのガラス工芸作品を専門に展示。 陸奥の小京都、角館にある個人美術館。 テーマを定めコレクションの中から70点~80点の作品を選定し展示している。

    大村美術館(秋田県)

  • ガイヨウガラス工芸美術の先駆者である藤田喬平の美術館。 藤田芸術を代表する「飾筥」の展示ルーム、日本人の眼で見たヴェニスの美を表現したヴェネチアン・グラス、 「明かりの美」の世界を味わうペンダントルームなど各展示室がある。松島一の坊に併設。

    藤田喬平藤田喬平ガラス美術館(宮城県)

  • ひだ平鉢、アイスクリーム鉢、ランプ、蓋ものなど今はもう手に入らない 明治、大正期の和ガラスを3000点収蔵、常時1000点展示している。 福島奥座敷翡翠の里に建つ御宿かわせみの庭園内に併設する美術館。

    飯坂明治大正ガラス美術館(福島県)

関東
  • 100年間、幻の花瓶として人目に触れることのなかった「トリステスの花器」を始め、 「燕文両耳付鶴首花器」「大樹ユーカリ文花器」など、 世界的に貴重なエミールガレのガラス工芸作品が展示されている。 展示室内にはガレに関する小さなライブラリーも。

    エミールガレ美術館(栃木県)

  • ティファニーやウイリアム・モリスなどの作品であるアンティークステンドグラスを中心に 45作品を展示。中でも人気を集めているのがモリスの代表作「TWOエンジェルは」。 至福の館でもある美術館では挙式中のカップルに出会えるかも。

    那須ステンドグラス美術館(栃木県)

  • 明治、大正時代の商業劇場ゲーテ座の跡地に建つ美術館。 服飾関係の資料をはじめ、ガレ、ドーム兄弟のガラス工芸作品、ミュシャやイカールのグラフィック、 アール・ヌーヴォー、デコ期に生産されたコスメティックラベルなどを常設展示。

    岩崎ミュージアム(神奈川県)

  • 15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ貴族を魅了した、ヴェネチアン・グラスの名品の数々と、 シンプルでモダンな造形と洗練された色使いの現代ガラスを収蔵、展示するヨーロッパ風の館の美術館。

    箱根ガラスの森(神奈川県)

  • 遠藤夫妻の長年に渡って収集した、世界の香水瓶の私設美術館。 ラリックを中心にガレ、ドーム、バカラなど、アール・ヌーボー、アール・デコ期の 精巧で美麗なガラスの香水瓶を約120点展示している。

    湘南江の島香水瓶美術館(神奈川県)

  • ルネ・ラリックの生涯にわたる創作活動の全貌が鑑賞できる美術館。 約1500点の所蔵作品から日本最多の約40点の貴重な宝飾作品、香水瓶や花器を中心とした ガラス作品、後半生に制作した建築装飾まで幅広く紹介、230点を常設展示している。

    箱根ラリック美術館(神奈川県)

東海
  • 藤田喬平、扇田克也、パヴェル・フラヴァ、ハワード・ベン・トレなどの 国内外の現代ガラスアートの展示と 気軽に楽しめるガラス工芸の体験工房・特別講座がある。

    黄金崎クリスタルパーク(静岡県)

  • 19世紀末から20世紀初期、アール・ヌーヴォーやアール・デコの代表的ガラス作家である、 ガレ、ドーム、ティファニー、ラリックなどのガラス工芸作品を展示。 鑑賞のあと思い出づくりは、手作りステンドグラス工房で。

    伊豆ガラスと工芸美術館(静岡県)

  • 世界最古の陶磁器と中国古代のおもちゃなど700点、250年前の中国皇室の香水瓶約500点、 「清康熙年間在銘(豆彩盤)」や「清乾降年間ガラス碗(宮廷の官碗)」など 清王朝時代の乾隆ガラスを展示している。

    陶磁・ガラス美術館やんもの木(静岡県)

  • アンティーク、アール・ヌーヴォー期の華やかな虹彩ガラス(幻のレッツ工房)から、 常に世界をリードしてきたチェコの新鋭作家を中心に、 第一線で活躍するコンテンポラリー作家の作品等を常時多数展示している。

    伊豆高原ボヘミアンガラス美術館(静岡県)

  • アール・ヌーヴォー期の代表作「ひとよ茸ランプ」をはじめとするエミール・ガレのガラス工芸作品40点と 東山魁夷の代表作「緑のハイデルベルグ」、「曙」の他、 杉山寧、奥田元宋などの現代日本画30点を常設展示する諏訪湖畔の美術館。

    北澤美術館(長野県)

  • ガレを始めとしたガラスアートの代表的な作家の作品を展示する、諏訪湖畔に佇む美術館。 企画展では陶磁器や木工、漆芸など工芸全般を対象とする展覧会の開催している。 美術鑑賞、工房体験、お食事、ショッピングまで様々な楽しみ方が可能。

    SUWAガラスの里(長野県)

  • 美術館の設計は黒川紀章。ガラス作家・吉本由美子の「ガラスの天使」、 横山尚人の「グラスデコール」、ローマ帝国時代のガラス・ローマングラス、 郷土出身の南画家・児玉果亭の作品などを常設展示。特別展も開催している。

    山ノ内町立志賀高原ロマン美術館(長野県)

  • 16世紀(ヴェネチアン・グラス)をはじめ、20世紀モダニズムまでの500年のガラスの歴史、 アール・ヌーボーとアール・デコのガラス工芸作品、 家具や照明器具などの装飾、応用美術を中心とした装飾美術の世界を展示するガラスの総合美術館。

    飛騨高山美術館(岐阜県)

  • エミール・ガレの「茄子形ランプ」、ドーム兄弟の「みみずく文ランプ」、 チフーリの「ブルーバスケット」などの常設展示。 秘蔵コレクションであるルネ・ラリック作「オラン」、「つむじ風」のガラス工芸作品を収蔵している。

    大一美術館(愛知県)

  • 18世紀から20世紀に至るフランス美術の流れを一望できる美術館。 ロココの時代から、エコール・ド・パリまでの絵画作品のほか、 アール・ヌーヴォーの代表的ガラス工芸作家である、エミール・ガレのガラスや家具などの工芸品をはじめ ティファニーのランプ、バカラのシャンデリ、マジョレルの家具などを常設展示。

    ヤマザキマザック美術館(愛知県)

中国
  • アールヌーヴォー期の芸術品、陶器・ガラス・家具・ブロンズ・絵画などを展示。 なかでもエミール・ガレの陶芸が充実している。その他サラ・ベルナールのポートレートや ジャック・グリュヴェ-ルの素描、ルイ・イカールのコレクションも。

    松江北堀美術館(島根県)

四国
  • ヨーロッパのガラス芸術を技法別に鑑賞できる常設展示室や世界最大級のシャンデリアを有する ガラス美術館「ギヤマンミュージアム 」をはじめ、 忠実に再現されたオランダ宮殿内の美術館「ハウステンボス美術館」 東西交流を物語る磁器を展示する「ポルセレインミュージアム」、 テディベアコレクションの「テディベアキングダム」など多くの美術館、博物館がある。

    ハウステンボス(長崎県)

おすすめカテゴリー

絵本美術館
ホテル・旅館に併設
オルゴール美術館

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

カンディンスキーの作品がある美術館

カンディンスキーに出会える美術館

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

美術展ぴあ 2017秋冬ー2018―最新版 絶対!観るべき美術展120 (ぴあMOOK)

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:ぴあ

販 売:amazon

北斎漫画[肉筆未刊行版]

☆ 200年の時を超え、初めて出版される、北斎の幻の漫画集。

出版社:河出書房新社

販 売:amazon

フランス人がときめいた日本の美術館

☆ 今、話題!日本美術をこよなく愛するフランス人の美術史家が選んだ 「本当に訪ねる価値のある」美術館のガイドブック。

著 者:ソフィー・リチャード、山本やよい (翻訳)

出版社:集英社インターナショナル

販 売:amazon

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ アートスコープH4x12 11301-9 レッド

☆ 緻密に描き込まれた絵画をもっと近くで鑑賞したい、解説の文字が小さくて読めない。そんなときにおすすめです。専用ケース(別売)でおしゃれに持って。

ブランド:VIXEN

販  売:amazon

- PR -

MoMA STORE
▲このページのトップへ