ぶらり、出掛けたい!東京の美術館
〈多摩地区〉

[07.23]三鷹市美術ギャラリーを掲載しました

[06.02]武蔵野市立吉祥寺美術館を掲載しました

[05.26]マリーローランサン美術館を掲載しました

[05.12]町田市立国際版画美術館を掲載しました

    多摩北部(小平、小金井)

  • 武蔵野美術大学美術館・図書館(東京都・小平市小川町)

    武蔵野美術大学 美術館・図書館
    (東京都・小平市小川町)

    アートからデザインまで多様な企画展や所蔵品展など年間約10本の展覧会を開催し、入場無料で一般にも公開している。約3万点におよぶポスターや、約400点の近代椅子など4万点をこえる所蔵品は、デザイン研究の基礎資料として社会的にも大きな意義を持つコレクションを形成している。

    【掲載カテゴリー】有名建築家 大学美術館・博物館

  • 小平市櫛田中彫刻美術館
    (東京都・小平市学園西町)

    小平市が生んだ、日本近代木彫界の巨匠彫刻家・平櫛田中(文化勲章受章者)の終えんの館を保存し、公開するために展示館として開館。庭園を観賞する中で、平櫛田中芸術の真髄(優れた写実力と深い精神性、彩色など)を味わえる。

    【掲載カテゴリー】彫刻・造形 有名建築家

  • 武蔵野市立吉祥寺美術館
    (東京都・武蔵野市吉祥寺本町)

    小日常生活と文化芸術を結び親しむ場として、ショッピングセンター「コピス吉祥寺」7階に位置する美術館。コンパクトな施設ながら、企画展示室では野田九浦をはじめとする日本画、油彩画、版画、写真などの収蔵品展や、多彩なジャンルの企画展覧会が行われ、市民ギャラリーとしても利用されている。 銅版画家浜口陽三と、木版画家萩原英雄の記念室もある。

  • 江戸東京たてもの園(東京都・小金井市桜町)

    江戸東京の歴史的・文化的価値の高い建物を移築復元した野外博物館。午砲や郵便差出箱、2・26事件の現場にもなった高橋是清邸など復元された建物は、茅葺きの民家や下町の雰囲気を感じさせる商店など多岐にわたる

    【掲載カテゴリー】子供

  • 中近東文化センター(東京都・三鷹市大沢)

    中近東の歴史的文化を専門的に研究、成果を公開する施設。「粘土の文明シュメール」「ファラオの時代のエジプト」「ローマ時代の中近東」そして「モンゴルの侵入とイル・ハーン朝」など収蔵品で、年代順に常設展示。建物の設計は岡田新一。

    【掲載カテゴリー】有名建築家

  • 三鷹市美術ギャラリー(東京都・三鷹市下連雀)

    商業施設CORAL5階に位置するギャラリー。三鷹市ゆかりの作家や近現代美術を中心に、文学などジャンルにとらわれない企画展を開催している。駅前という立地と午後8時まで開館していることから、仕事帰りに気軽に行けることが利点となっている。

多摩北部エリア 気になるその他の施設

ガスミュージアム(東京都小平市大沼町)

東京ガスが運営する歴史博物館。明治時代からのさまざまな「ガス器具類」約1,200点や、「明治錦絵」を約400点収蔵。常設展示の他、企画展も開催している。

公式サイト:http://www.gasmuseum.jp/

    多摩南部(八王子・町田)

  • 町田市立国際版画美術館
    (東京都・町田市原町田)

    緑豊かな芹ヶ谷公園の一角にある、国内外の版画作品をコレクションする世界でも数少ない版画専門の美術館。 多様な版画の企画展と、収蔵品による観覧無料のミニ企画展を開催。工房やアトリエが一般にも開放され、版画制作を行える。

  • 村内美術館(東京都・八王子市左入町)

    家具・インテリアの専門店 村内ファニチャーの3階に併設する美術館。「世界の名作家具デザイン展」では国内外の有名デザイナーによる椅子や家具を展示し、今月の椅子のコーナーでは、実際に座ることができる椅子が用意されている。「東西名画展」では近現代絵画を展示している。

  • 東京富士美術館(東京都・八王子市)

    日本・東洋・西洋の各国、各時代の絵画・版画・写真・彫刻・陶磁・漆工・武具・刀剣・メダルなど、様々なジャンルの作品約30000点を収蔵する美術館。「世界を語る美術館」をモットーに、世界各国の優れた文化を新しい視点から紹介する海外文化交流特別展を国内外で活発に開催している。

  • 八王子市夢美術館(東京都・八王子市)

    市民が気軽に親しめる「暮らしの中の美術館」としてビュータワー八王子の2階に開館。銅版画家 清原 啓子、洋画家 小島善太郎をはじめ八王子ゆかりの作家の作品を収蔵。コンパクトな施設ではあるが、多彩な企画展を年6回程度開催。

  • 東京造形大学附属美術館
    (横山記念マンズー美術館)
    (東京都・八王子市)

    入館料無料の東京造形大学附属美術館の展示風景

    東京造形大学のキャンパス内にあり、現代具象派を代表するイタリアの彫刻家ジャコモ・マンズーの作品展を中心に様々な企画展を開催。また学外でも学生やアーティストが講師となるワークショップを主催している。大学院棟の「ZOKEIギャラリー」では学生や教員の作品発表が行われる。建築家白井晟一が設計原案の個性的な建物の美術館。※ 画像は展示風景<

    【掲載カテゴリー】大学美術館・博物館

  • 多摩美術大学美術館(東京都・多摩市落合)

    古代エジプト、ギリシャ、西アジア、ローマ、北・中・南米、ヨーロッパ、中国、朝鮮、東南アジア、日本等の美術工芸品、考古学資料等を収蔵。歴史的芸術から現代芸術までの幅広い創造の世界を、展覧会や公開講座等によって紹介している。

    【掲載カテゴリー】大学美術館・博物館

    多摩西部(青梅)

  • 澤乃井櫛かんざし美術館
    (東京都・青梅市柚木町)

    澤乃井小澤酒造が、収集家・岡崎智予のコレクションを一括継承し、更に新規の収蔵品を加えて開館。江戸から昭和までの櫛とかんざしを中心に、紅板、はこせこ、かつら、矢立等4000点の中から、季節に合わせて約400点を常設展示している。

  • 玉堂美術館(東京都・青梅市御岳)

    明治期から昭和期にかけて活躍した日本画壇の巨匠・川合玉堂が、青梅市御岳渓谷で過ごしたのを記念して建てられた。奥多摩の自然と見事に融合した建物は、数奇屋建築で名高い、故・吉田五十八氏による設計。奥多摩を描いた作品や遺品、当時のアトリエを再現した部屋などが展示されている。

    【掲載カテゴリー】日本画

  • 昭和レトロ商品博物館
    (東京都・青梅市住江町)

    昭和B級文化研究家の串間努が長年かけて蒐集した基本資料を中心に開館。「昭和」という時代に消費してきた一般商品(菓子・飲料・雑貨・文具・くすりなど)の包装物資料を展示している。

  • せせらぎの里美術館
    (東京都・西多摩郡奥多摩町)

    美術館は欅、楓、樫、杉などの木々に囲まれた民家風の木造建物(築150年の奥多摩民家を解体し、その部材で建てている)。多摩地域にかかわりのある作家や作品を年間4~5回展示、建物と周囲の風景が楽しめる。

    【掲載カテゴリー】緑・公園

more

東京の美術館巡りを楽しもう!

東京スカイツリー周辺ミュージアム!

スカイツリー周辺の押上、両国にある美術館、博物館を紹介します。

ワンコインミュージアム!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを紹介します。

山手線で美術館巡りを!

山手線沿線、駅から歩いて15分以内で行ける美術館を紹介します。

丸の内オフィス街にある美術館!

東京駅から歩いて15分以内で行ける、丸の内の個性豊かな美術館を紹介します。

❖ 美術館巡りにおすすめの宿 ❖

〜上野公園周辺ホテル〜

ホテル ココ・グラン上野不忍
JR上野駅不忍口より徒歩4分。客室は不忍池に面しており、夏には蓮の花が鑑賞できる。ドライサウナ付きの男性大浴場と岩盤浴室付きの女性大浴場がある。


三井ガーデンホテル上野
JR上野駅浅草口より徒歩2分。ファミリーにうれしい「パンダルーム」、女性にうれしいレディースルームがある。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

▲このページのトップへ