ぶらり、出掛けたい!東京都の美術館
〈青山、六本木、目黒 他〉

《新型コロナウイルスの影響による東京の美術館の開館情報・展覧会情報発信中》

[2020.12.7]佐藤美術館を掲載しました

    青山

  • 根津美術館(東京都・港区南青山)

    根津美術館(東京都・港区南青山)

    絵画、 書跡、彫刻、陶磁、漆芸、金工、木竹工、染織など、東洋古美術品を多岐に渡り収蔵し、国宝、重要文化財等も多数みられる。茶の湯の道具と仏教美術品はことに充実している。施設内の広大な自然味の深い庭園の散策も楽しめる。

    【掲載カテゴリー】茶道 国宝 庭園 イベント 有名建築家

  • 岡本太郎記念館(東京都・港区青山)

    記念館は、坂倉準三が設計し、岡本太郎がに84歳で亡くなるまでアトリエ兼住居であった。絵画、彫刻、太陽の塔をはじめ巨大なモニュメントや壁画など、あらゆる作品の構想を練り、制作した場所である。

    【掲載カテゴリー】彫刻 デート

青山エリア 気になるその他の施設

伊藤忠青山アートスクエア外観

伊藤忠青山アートスクエア
(東京都港区北青山)

みずみずしい感性あふれる優れた作品や、国際交流の懸け橋となるイベントを発信するギャラリースペース

公式サイト:http://www.itochu-artsquare.jp/

    表参道

  • ワタリウム美術館(東京都・渋谷区神宮前)

    多彩なイベントや講演会、個性的な展覧会など、独特の視点で現代美術を紹介している。コレクションは1960年代以降に制作された海外作品が中心。スイス人建築家マリオ・ボッタが設計した建物も見どころのひとつ。

    【掲載カテゴリー】有名建築家

  • 太田記念美術館(東京都・渋谷区神宮前)

    太田清藏が昭和の初めより半世紀以上に渡り、蒐集に努めた浮世絵のコレクションは約12000点。所蔵する作品の中から未公開作品の一般展示(作品は月毎に入れ替え)をしている。また土曜日には講師の先生を招いての 土曜講座を開催。

    【掲載カテゴリー】浮世絵

    六本木

  • 国立新美術館(東京都・港区六本木)

    国立新美術館(東京都・港区六本木)

    コレクションを持たず、国内最大級の展示スペースを生かした多彩な展覧会の開催、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及等、アートセンターとしての役割を果たす新しいタイプの美術館。透明で大波のようにうねるガラスカーテンウォールが特色の建物は黒川紀章の設計。

    【掲載カテゴリー】有名建築家 子供 デート

  • サントリー美術館(東京都・港区赤坂)

    サントリー美術館(東京都・港区赤坂)

    「美を結ぶ。美をひらく。」をミュージアムメッセージとして掲げ、2007年3月、六本木に新たにオープン。コレクションは、「生活の中の美」を中心テーマとし、絵画、陶磁器、漆工、東西のガラス、染織など、日本人の生活に密着した作品を所蔵している。
    ※ 2019年11月11日より2020年5月12日までの間、改修工事のため休館。同期間はショップとカフェも休業。
    ※画像はサントリー美術館外観 © 木奥恵三

    【掲載カテゴリー】有名建築家 子供 デート

  • 泉屋博古館分館(東京都・港区六本木)

    泉屋博古館は住友家が蒐集した美術品を保存、展示する美術館。コレクションは第15代当主住友春翠が明治中頃から大正期にかけて蒐集した中国青銅器・鏡鑑を中心に、中国・日本の書画、洋画、近代陶磁器、茶道具、文房具、能面・能装束など多岐に渡る。収蔵品に関連する作品などの展覧会を開催している。

  • 森美術館(東京都・港区六本木)

    六本木ヒルズ・54階建て森タワーの最上階に位置している。現代アートを中心に、ジャンルを超えた多様な展覧会や研究、教育普及活動を通して、多くの人たちに開かれた美術館のあり方を提案している。

    【掲載カテゴリー】デート

  • 森アーツセンターギャラリー
    (東京都・港区六本木)

    六本木ヒルズ森タワー52F展望台と同じフロアに位置するギャラリー。ファッションやシネマなど身近なテーマから歴史的な名画など、幅広いジャンルの展覧会を開催している。

  • 大倉集古館(東京都・港区虎の門)

    明治、大正期の実業家大倉喜八郎が1917年に設立した日本で最初の私立美術館。The okura tokyo に隣接し、ホテルとともに2019年9月にリニューアルオープン。日本、東洋の古美術品や日本の近代絵画など、国宝や重要文化財を含む約2500件を所蔵し企画展で公開。さらに、建物は国の登録有形文化財に指定されている。

    【掲載カテゴリー】ホテルに併設

六本木エリア 気になるその他の施設

六本木ヒルズ
(東京都港区六本木)

買物、食事、芸術、映画、宿泊が楽しめる複合施設。森美術館は六本木ヒルズ・森タワーの最上階に。

公式サイト:http://www.roppongihills.com/

東京タワー大展望台
(東京都港区芝公園)

壮大な東京の景色を楽しめる。大倉集古館から徒歩で約20分。

公式サイト:http://www.tokyotower.co.jp/

    目黒・恵比寿

  • 東京都庭園美術館(東京都・港区白金台)

    東京都庭園美術館(東京都・港区白金台)

    昭和8年朝香宮邸として建てられたアール・デコ様式の建物を美術館として公開。2015年(平成27年)に国の重要文化財に指定された。広大な緑溢れる庭園に囲まれ、ガラスのレリーフや手すりのデザインなど、室内装飾や建物自体がすでに美術品。4月の庭園は毎年数多くのお花見客で賑わう。2014年11月22日リニューアル・オープン。※画像は東京都庭園美術館 本館 正面外観

    【掲載カテゴリー】個性豊かな建物 庭園

  • 畠山記念館(東京都・港区白金台)

    畠山記念館(東京都・港区白金台)

    「茶の湯の美術館」として知られ、茶道具を中心に書画、陶磁、漆芸、能装束など、日本、中国、朝鮮の古美術品を展示公開。収蔵品は国宝6件、重要文化財32件を含む約1300件。年4回、作品を取り合わせて展示している。※現在施設改築工事のため、2019年3月18日より4年間の予定で休館中。

    【掲載カテゴリー】茶道  国宝

  • 目黒区美術館(東京都・目黒区目黒)

    目黒区美術館(東京都・目黒区目黒)

    日本の近現代美術作品を収集し、収蔵作品展で公開。明治以降、作家が自己のスタイルを模索する過程から生まれた新鮮な作品、戦後、国際展に出品され高い評価を得た作品を中心に紹介している。目黒ゆかりの作家の紹介も。

  • 郷さくら美術館 東京
    (東京都・目黒区上目黒)

    昭和生まれの日本画家の作品を中心に収集している現代日本画の美術館。毎回テーマを設けて構成されるコレクション展を中心に、年に4、5回の展覧会を開催。また、「一年を通じて満開の桜を日本画で楽しんで頂く」というコンセプトに基づき、桜がモチーフの屏風作品を含めた大作十数点を常設する展示室が設けられている。

    【掲載カテゴリー】日本画

  • 東京都写真美術館(東京都・目黒区三田)

    写真の誕生から現代に至るまでの国内外のすぐれた写真作品約3万3000点(H28年3月時点)を収蔵している。また昔の幻燈機から現代の映像表現まで、映像の過去・現在・未来にふれる資料など、 写真と映像に関する専門美術館。

    【掲載カテゴリー】写真 デート

  • 松岡美術館(東京都・港区白金台)

    古代オリエント美術、ヘンリー・ムア等の現代彫刻、ガンダーラ・インド彫刻を常設展示。2階展示室では洗練された鑑賞陶磁コレクションとして世界的に知られている東洋陶磁を企画展を通し常に展示紹介。また日本絵画、ヨーロッパ近代絵画も定期的に企画展を開催。

    【掲載カテゴリー】やきもの 彫刻

恵比寿エリア 気になるその他の施設

ヱビスビール記念館(東京都渋谷区恵比寿)

ヱビスビールの歴史から楽しみ方までご紹介。

公式サイト:http://www.sapporobeer.jp/brewery/y_museum/

more

鳥獣戯画が描かれた
もらって嬉しいプレミアムな器

アデリア 日本酒グラス 枡付き (鳥獣戯画)

東京の美術館 開館&展覧会情報

現在の美術館の開館状況や展覧会情報を発信中

日時を指定して美術館へ行こう!

入館するまでに行列、室内に入っても混雑の不満が解消できる、予約制の展覧会。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

❖ 美術館巡りに出掛けよう ❖

ビジネスや観光の移動に

コロナ対策のバスで行く

どんな美術館をお探しですか?

入館料が安い美術館はないの?

ワンコイン(500円)で文化歴史に触れられる!日本の名品や世界の名画が鑑賞できる!

個人美術館って何?

一人の作家の作品のみ、または一個人の蒐集品を展示する美術館のこと。画家やコレクターの美意識を感じる!

東京で緑豊かな美術館は?

手入れの行き届いた日本庭園や芝生の広がる庭がある美術館なら自然も一緒に楽しめます

こだわりコレクションを見たい!

浮世絵、版画、写真、西洋画etc.特定のジャンルだけを展示した東京で唯一、日本で唯一の美術館がここにある!

▲このページのトップへ