—私だけのお気に入り!アートなトートバッグ—

アートにメッセージをこめて!
アメリカの現代美術を
デザインしたトートバッグ、エコバッグ

アメリカの現代美術で人気のポップアート、グラフィティアート。バスキア「恐竜・王冠」、キース・ヘリング「アンディマウス」、アンディ・ウォーホル「トマト缶・バナナ」など人気のモチーフをデザインしたトートバッグ、エコバッグを特集しました。

アンディ ウォーホル
(1928年~1987年)

20世紀を代表するアメリカの画家・版画家・芸術家。大学を卒業後、商業イラストレーターとなり、その後、アーティストとして活動を始める。シルクスクリーンプリントを用い、キャンベルスープの缶やドル紙幣など身近にあるものをモチーフにしたり、マリリン・モンローや毛沢東などの肖像画を制作し、大量生産・大量消費社会をテーマとして表現するポップアートの旗手として活躍した。

アンディ ウォーホル
4620 ルートート(2020新作)

アンディ ウォーホルがトートバッグ専門ブランド「ルートート」とコラボ。ベーシックなタテ型トート。 収納力が高いうえ、持ち手は肩にかけて持つのに最適な長さ。

  商品詳細・価格はこちら

キース・へリング
(1958年~1990年)

1980年代初頭、ニューヨークの地下鉄の広告板に描いた“落書き”が通勤客の間で話題となり、一躍有名になったキースへリング。31歳で亡くなるまでに世界各地で壁画を制作し、社会貢献活動も数多く行った。迷惑行為ながら街の壁などの公共空間に描かれた落書きは、ストリートアートもしくはグラフィティと呼ばれ、キースへリングの後もバスキアやバンクシーなどが登場した。

キース・へリング
ローキー エコバッグ

  商品詳細・価格はこちら

ジャン=ミシェル・バスキア
(1960年~1988年)

ハイチ人の父と、プエルトリコ出身の母との間に米国ニューヨーク・ブルックリンで生まれた。17歳の頃から地下鉄や壁などにスプレーペインティングをしていたが、次第に評価されるようになり、個展の開催やアンディ・ウォーホルとの共同制作を行うなど、27歳で亡くなるまでの10年間で多くのドローイングや絵画作品を残した。

バスキア/ローキー エコバッグ「Dos Cabezas」

バスキアと”Tote Me Daily”をコンセプトに、ドイツで生まれたブランドローキーがコラボ!横幅50cmx高さ42cm 、デザインは3種類

  商品詳細・価格はこちら

- PR -

MoMA STORE  

アートDG堂の
ちょっと気になるアートグッズ

カテゴリー一覧

ページのトップへ