—私だけのお気に入り!アートなトートバッグ—

買い物袋もおしゃれに持ちたい!
デザイン性に優れた世界のエコバッグ

色、柄などデザイン性に優れた世界のエコバッグをご紹介。バグー、ローキー、エンビロサックスなど多くの人に支持されるブランドは、環境保護に取り組んでいる国々で生まれました。収納力があり、そして折りたためばコンパクトに。レジ袋の代わりにエコバッグを持ち歩くのはもう当たり前。



—日本—

Ball&Chain(ボールアンドチェーン)

ショッピングバッグ M

バッグブランド「サン ヒデアキミハラ」の三原英詳デザイナーによる新ブランド。アニマルモチーフで人気のD[di]氏やストリートアートを手掛けるキャラクターデザイナーRYU AMBE氏とのコラボレーションシリーズ。

  商品詳細・価格はこちら

—日本—

マーナ

Shupatto(シュパット)

「エコバッグってたたむのが面倒」 という声から生まれた一気にたためるエコバッグ。両端を引っ張ると一気に帯状になり、一瞬で折りたためる画期的な仕組み。北欧フィンランドの首都ヘルシンキで誕生したテキスタイルブランド「カウ二ステ」とのコラボ商品。

  商品詳細・価格はこちら

—日本—

ROOTOTE(ルートート)

ルーショッパーMID-Lifty

リフトポケット付きなので、温めたお弁当と冷たい飲み物を分けて持ち運びできる。コンビニでのお買い物に便利なエコバッグ。横26cm×縦23cm(持ち手まで34cm)×マチ18cm、

  商品詳細・価格はこちら

—フィンランド—

カウニステ トートバッグ

カウ二ステはフィンランドの首都ヘルシンキで誕生したテキスタイルブランド。北欧ブランドらしい気取らないナチュラルなデザインが魅力。麺と麻の混合素材で耐久性が高く使うたびに柔らかくなじんでくる。

  商品詳細・価格はこちら

—カリフォルニア(USA)—

BAGGU(バグー)
スタンダード エコバック

バグーは、カリフォルニア発のエコバッグ。色、柄ともにバリエーションが多く、MoMAキュレーターも認めたエコバッグ。横39cm×縦64cm でマチ付きのため収容力は充分。収納に便利なポーチ付き。

  商品詳細・価格はこちら

—オーストラリア—

ENVIROSAX(エンビロサックス)
スーパーショッパー

エンビロサックスは、2004年に環境保護をテーマに、オーストラリアで生まれたブランド。植物や動物、国や場所などをモチーフにした華やかでおしゃれなデザインが人気。幅約46×高さ40cmは、従来のエンビロサックス グラフィックシリーズよりひと回り小さめ。折りたたむ、丸める、スナップで留めるで簡単に収納できる。

<  商品詳細・価格はこちら

—ドイツ—

LOQI(ローキー)
エコバッグ

ローキーは、「Tote Me Daily」をコンセプトにドイツで生まれたブランド。ファッショナブルで豊富なデザインで、おしゃれに持ち歩け、そしてお手頃価格のトートバッグ。幅50cmの大きめサイズで、収納用のポーチ付き。

  商品詳細・価格はこちら

—ミュンヘン(ドイツ)—

reisenthel (ライゼンタール)
ニマキシショッパー S

ライゼンタールは、シンプルかつ利便性に富んだバッグや、収納用品を生み出すドイツ・ミュンヘンのブランド。多彩なカラーと個性豊かなバリエーションが人気。横45cm×縦53.5cm、マチ7cm、フックが付いた収納袋付き。

  商品詳細・価格はこちら

—フィンランド—

marimekko(マリメッコ)
コットントートバッグ

マリメッコは靴、鞄、インテリア用品や食器などの生活雑貨も手がけるフィンランドのアパレル企業。なんといっても鮮やかな色の大胆なプリント柄をデザインした商品が特徴。横34.5cm×縦64cm、マチ16.5cm、収納ケース付き。

  商品詳細・価格はこちら

—オランダ—

SUSAN BIJL(スーザン・ベル)

エコバッグ M

スーザン・ベルはオランダ人デザイナーのスーザン・ベルが2003年に立ち上げたエコバッグブランドです。丈夫で軽くおしゃれなエコバッグは、2007年にはグッドデザイン賞も受賞。毎年テーマを決めて新しいデザインが発表されています。

  商品詳細・価格はこちら

—スウェーデン—

moz(モズ)
2way エコバッグ

モズは北欧スウェーデンのフェルグ・フォルム社が発信するスタイリッシュな雑貨ブランド。どことなく不器用そうで人なつこそうな愛嬌たっぷりのエルク(ヘラジカ)の柄が魅力的。荷物が少ないときはサイドについているボタンで大きさを調節できる。

  商品詳細・価格はこちら

- PR -

ページのトップへ