美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

没後40年 
熊谷守一 生きるよろこび

東京国立近代美術館 
1F 企画展ギャラリー
(東京都・千代田区北の丸公園)

展覧会「endless 山田正亮の絵画」の画像
会 期 12月1日(金)〜2018年3月21日(水•祝)
観覧料 一般 1,400円、大学・専門学校生 900円、高校生 400円
※中学生以下、障がい者手帳等をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
※それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください
休館日 月曜日〈ただし、1月8日(月)、2月12日(月)は開館〉、年末年始〈12月28日(木)〜2018年1月1日(月・祝)〉、1月9日(火)、2月13日(火)
開館時間 午前10時~午後5時、金曜・土曜は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで

美術館
公式サイト
http://www.momat.go.jp
展覧会
情報サイト
http://kumagai2017.exhn.jp/
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

熊谷守一は、明るい色彩と単純化されたかたちを持つ作風で知られます。晩年は花や虫や鳥など身近なものを描いたたくさんの作品を生み出しました。 飄々とした味わいを持つエッセイでも知られ、『へたも絵のうち』(原著は1971年、現・平凡社ライブラリー刊)は、現在もロングセラーの文庫となって若い層にも読み継がれています。
  その作品は一見ユーモラスで、何の苦もなく描かれたように思えます。しかし、若い時期から晩年までの制作を詳しくたどると、暗闇や逆光など特殊な条件下でのものの見え方を探ったり、スケッチをもとに同じ図柄を複数の作品に用いる方法をつくり上げたりと、さまざまな探究の跡が見えてきます。穏やかな作品の背後には、科学者にも似た観察眼と考え抜かれた制作手法とが隠されているのです。
  本展は、没後40年を記念した大回顧展で《雨滴》、《猫》などの代表作をはじめ、200点以上の作品が一堂に会します。熊谷守一の作品世界を存分に感じ取ることができるでしょう。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

クリムトの作品がある美術館

官能的な作品で人気!ウィーン世紀末の巨匠。

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!

恋人同士


おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ