美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

ルドン―秘密の花園

三菱一号館美術館
(東京都・千代田区丸の内)

三菱一号館美術館
会 期 2月8日(木)〜5月20日(日)
入場料 一般 1,700円、高校・大学生 1,000円
小・中学生 500円
※障がい者手帳をお持ちの方と付添の方1名まで半額
休館日 月曜日〈ただし、祝日の場合、5月14日とトークフリーデーの2月26日、3月26日は開館〉
開館時間 午前10時~午後6時(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は午後9時まで)
※入館は閉館の30分前まで

美術館
公式サイト
http://mimt.jp/
展覧会
公式サイト
http://mimt.jp/redon/
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
※ 画像は《グラン・ブーケ(大きな花束)》1901年 パステル/カンヴァス 三菱一号館美術館蔵

オディロン・ルドン(1840-1916年)は、印象派の画家たちと同世代でありながら、幻想的な内面世界に目を向け、 その特異な画業は、今も世界中の人の心を魅了して止みません。なかでも本展は植物に焦点をあてた、前例のない展覧会となります。
 本展の大きな見どころは、フランス・ブルゴーニュ地方に居を構えた美術愛好家のドムシー男爵が、ルドンに注文した城館の食堂の装飾画です。完成後、装飾画はドムシー城に秘蔵され、三菱一号館美術館所蔵の《グラン・ブーケ(大きな 花 束 ) 》を除く15点は食堂の壁から取り外され1980年には日本でも公開されましたが、1988年にフランスの相続税の美術品による物納制度により国家所有に帰し、現在はオルセー美術館の所蔵となっています。残された《グラン・ブーケ》は制作後110年目の2011年3月、パリで開催されたルドン展にて初公開され、今日まで三菱一号館美術館の所蔵品として幾度か公開してきましたが、本展では、オルセー美術館所蔵の15点と合わせてドムシー城の食堂を飾ったルドンの装飾画が一堂に会す日本初の機会となります。
 このほか、世界有数のルドンコレクションとして名高い岐阜県美術館をはじめ、国内の美術館、そして、オルセー美術館、ボルドー美術館、プティ・パレ美術館(パリ)、ニューヨーク近代美術館MoMA、ワシントン・ナショナル・ ギャラリー、シカゴ美術館、フィリップス・コレクションなど海外の主要美術館から、植物をモティーフとするルドン作品が来日し、およそ90点により構成する大規模なルドン展となります。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

ゴッホの作品がある美術館

日本美術に大きな影響を受けていたファン・ゴッホ

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ