美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

特別展「舩木研兒展」

出雲民藝館(島根県・出雲市)

展覧会「舩木研兒展」のイメージ画像
会 期 3月17日(金)~5月28日(日)
入場料 大人 700円、小人 300円
休館日 月曜日〈祝祭日の場合は翌日〉
開館時間 午前10時~午後5時
※午後4時30分までにご入館ください

公式サイト http://izumomingeikan.com/
お問い合わせ 0853-22-6397

江戸時代より170年の歴史を持つ布志名舩木窯の5代目舩木研兒(1927 – 2015)は、 濱田庄司に師事した後、日本民藝館展、現代日本陶芸展をはじめ数々の賞を受賞し、現代日本陶芸展推薦招待作品として海外でも広く紹介されました。 またバーナード・リーチとも交流がありました。
 研兒の仕事として多くの方が思い浮かべるのは、スリップウェアと呼ばれる化粧土と泥漿で装飾した陶器で、 本展に並ぶ作品にもたくさんの動物たちが躍動感・生命感に満ちた姿で描かれており、研兒の絵心と技法への深い理解、技術の高さを物語っています。 また、スリップウェア以外にも実に様々な技法が用いられており、力強い造形だけで表現されている作品もあります。
 2015年10月に永眠して1年が過ぎ、この出雲の地で、地元の方々が蒐集した研兒の作品120点余りが一堂に集められた本展では、 普段使いの器から作品として世に出ていない珍しいものまで幅広く展示されます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

シャガールの作品がある美術館

20世紀の巨人、ピカソに出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

Pen (ペン)「総力特集:あのアートが見たい。」 〈2017年 8/1号〉 [雑誌]

内 容:山口一郎(サカナクション)が、「もの」派を語る。総力特集/あのアートが見たい。

出版社:CCCメディアハウス

販 売:amazon

BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

内 容:特集は人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100。山口晃画伯、西洋絵画の見方について語る。

出版社:マガジンハウス

販 売:amazon

感動! の美術展・美術館 (日経ホームマガジン)

☆ 一生に一度は見たい 名画のある美術館、2017年 春からの必見50展 見どころ紹介など

出版社:日経BP社

販 売:amazon

▲このページのトップへ