美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

開館記念展 III「てくてく東海道
−北斎と旅する五十三次−」

すみだ北斎美術館
(東京都・墨田区亀沢)

すみだ北斎美術館の展覧会イメージ画像
会 期 前期:4月18日(火)〜5月14日(日)
後期:5月16日(火)〜6月11日(日)
前後期で一部展示替え有り
観覧料 一般 1,000円
大学生・高校生および65歳以上 700円
中学生 300円、障がい者 300円
小学生以下無料
休館日 月曜日
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
※入館は閉館の30分前まで

公式サイト http://hokusai-museum.jp/
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
※ 画像は「東海道五十三次江都の往かい 袋井」(後期展示)すみだ北斎美術館蔵

東海道五十三次と言えば歌川広重が有名ですが、更にさかのぼること 30年、葛飾北斎も、当時の絵師の中でも群を抜く、多数の<東海道五十三次>シリーズを手掛けています。 風景を主とする広重とは違い、北斎は小さくてかわいらしいサイズの画面に、土地の風俗を多く描きました。
 今回の企画展では、北斎の〈東海道五十三次〉シリーズより、すみだ北斎美術館所蔵の「春興五十三駄之内」の貴重な初摺一揃いが、初公開されます(前後期で半数ずつ展示)。北斎の描いた 東海道五十三次の世界を、シリーズ毎に展示するばかりではなく、トピックス毎に展示するなど、様々な角度から紹介されます。 5つ構成からなる展示で【北斎ならでは】の東海道五十三次の魅力を楽しめます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

クリムトの作品がある美術館

官能的な作品で人気!ウィーン世紀末の巨匠。

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ